ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

オスロ

大航海時代でファフ作成や裁縫上げ、木材の仕入れにオスロを良く使うわけですが、オスロのポルトガル影響度が最近3%まで下がっていました
(もともと20%ほどあったんですが、イスパニアとイングランドの投資戦があったため)
なので、一念発起し、多額投資して影響度確保することに・・・

突然の提案だったものの、一緒に投資してくれる方もいて

オスロ1


さっくり。
やはり、影響度が低い状態だと小額でも多くの影響度が動くようで
オスロ2


無事、吹っ掛けが3回できるだけの影響度を確保することができました

ちなみに、2/20に行ったのですが、翌日追加投資してくれる方がいて19%まで影響度確保することができました。

これで投資総額35億5000万ぐらいだとおもうので、あと5億で次の爵位のはず・・・
その前に冒険爵位を確保して、40億の爵位で騎士爵になりたいなーと目論んでおります
B!
スポンサーサイト

日本野球の今後とか・・・

WBC,日本優勝おめでとうございます。

監督は王さんでしたが、あの人だったらメイクドラマって言ったのかな、と思うようなドラマチックな展開で・・・ほんとに凄かったです。

野球に限らず日本が世界と戦うとき、大抵6-5に追いつかれたらそのまま点が取れずに6-6で延長になり負けてしまったり、初回の満塁で2アウトになった時点でそのまま三者残塁になってたと思うのですが
今大会に限っては、そこから踏ん張り覆す強さがあり、これが優勝するチームが持ってる強さなんだな、と思いました。

で、昨日今日とニュースは王JAPAN一色で色々なインタビューが流れてるわけですが・・・
今回、王さん、イチローの2大スターの活躍があって、この二人に焦点が当たるのは当然だとおもうんです。
ただ、今回試合見てる人は皆知ってると思うんですが、ナインの活躍がどれもすばらしかったので、イチロー、王さんのインタビューばかり放送されるとなんだかなーと思ってしまうわけです。
韓国戦に続いて決勝戦でも代々で凄いタイムリー打った福留とか
チームの中では俊足とは言えないながらも2回の犠牲フライで点数もぎ取った松中とか
守備でのファインプレーやエラー、球の見切りとか言うべき点が多々あるはずなのに明らかにインタビューが偏ってるのが残念でした。
(あれじゃぁチームも勝った後なのに仲悪くなっちゃいそうですし)

報道関係では他にも不満たっぷりでして
韓国のニュースを紹介とかやったんです。
「不可解なルールに助けられた幸運な勝利」
「運良く勝てたという汚点を永久に持つ日本」
というニュースがあり水を差された、という紹介ですけど
実際、WBCのルールが不可解なのは事実で運良く勝てたのも事実なんですからそんなことで意気落とす必要はどこにも無いと思うんです。

組み合わせが明らかにアメリカ有利なのは開催前からわかってましたし、決勝リーグがリーグと名ばかりの同じリーグの1位2位のみの対戦ですし(アメリカが決勝リーグに上がった場合、4チームのリーグだと脱落する可能性が高いと判断したためと思われる)

で、韓国がソレに対して不満を持つのは至極当たり前なことです
(日本戦は3戦2勝で勝ち越してるんですから)
本来であれば準決勝で
日本対キューバ
韓国対ドミニカ
となり、決勝で日本対韓国(もしくはドミニカ)
だったわけで、韓国は2位の可能性が十分にあったし
準決勝で負けた日本がキューバに勝ったんですから三位決定戦をしないのであれば、韓国が3位という結果でもいいわけです。

三位決定戦もなくて明らかに不公平であるからこういう記事が出るのに、どのコメンテーターもせいぜい不快感を示したりルールに言及するだけで、韓国を思う発言もフォローする発言もなく、コメンテーターの存在意義あるんかと思えました。
少数であるとはいえ、アジア代表としての日本を応援してくれる韓国の方もいるんですから、確かに韓国がメダルもらえないのは変ですね、ぐらい言ってもいいと思うんです。

話がずれました・・・

今まで一般的な認識というのは
メジャーリーグ>>日本プロ野球
だったと思うんです。多かれ少なかれ。
日本野球に対するイメージというと
1、給料は高いけどレベルは低い
2、マイナールールで独特の野球
といった感じだと思うんです。
1は近年変わりつつあるといわれて着てますし、良いのですが問題は2だと思うんです。

オリンピックとか他の大会のたびに「大会用の球に慣れてなくて」「大会の外角に広いストライクゾーンに対応できなくて」と聞きますが
対応云々ではなく、日本が異なる球やストライクゾーンを使っていることがおかしいと思うのです。

今回、日本が優勝したことで
日本プロ野球=メジャーリーグ
になれるチャンスが出てきたと思うんです。
そのためには、まず国際大会のルールとそろえた国内ルールに変更し、試合球ももちろん同じものを使う。
そして、審判の資格もメジャーリーグと統一資格にするなどして、国際大会でも審判をしっかり派遣できる体制にする。
そう言ったルールの統一が欠かせないと思うのです。

現在のメジャー中心の野球だと当然メジャールールに合わせることになり、ソレに対する反発があるわけですが
今回のような大会ができたことで「メジャーに合わせるのではなく、国際大会に合わせる」という口実もできます。
それによる国際試合での差の縮小も望めますし、審判が互いの国で仕事することもできるかもしれません。

理事をはじめ運営委員が腐りきってる今の野球教会は変化を嫌うかもしれませんが、今後のためには是非、世界ルールを作成し、日本球界をそれにしっかり合わせていくような方向に行って欲しいと思います。
B!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。