ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[TV] とことんはてな

テレビ東京の、とことんはてなという番組がひそかに面白いです。

くわばたおはらの二人が毎週決まったテーマに沿ってリサーチする番組なんですが、食品添加物について、安部司さんをゲストに迎えて、添加物加工の現場を詳細にレポートしたり(コーヒーミルクや人口いくらの作る実演や加工肉の加工現場等)
河川汚染の実態を調べるために上流から下流まで水質を調べつつ、全部飲んで(!)みたり
体を張ったレポートも見所ですし、なかなか知られてない部分を取り上げるので、実に勉強になります。

放送時間は日曜の18:30~19:00から。
テレ東みれない方はごめんなさい;;
HPもあります
http://www.tv-tokyo.co.jp/tokoton/
(バックナンバーで過去放送の内容が見れるのでオススメ)

ガイアの夜明け、WBC、きらきらアフロ等、最近のテレ東は面白い番組多くて救われます・・・
B!
スポンサーサイト

[日記] ぐーぐるあーす

久遠の今のPCにはエクセルがはいっていないので、以前ニュースで読んだグーグルの無料エクセルとやらを使ってみよう・・・
とおもってグーグルのホームにいったところ、偶然グーグルアースの日本語版を発見!!

古いのアップデートだとなんとなく心配だったので新たにインストしてみたのですが・・・・

これは凄い

英語版では、場所の特定が難しく「いろいろ見て楽しむ」ソフトだったのですが・・・・

完全に便利ソフトになってます!!!

久遠の住んでるところは東京の隅なのですが、コンビニやファミレス、ショップ99までバッチリ名前つきで出るし、駅名、道路名も完全日本語で出る。

さらに、ジャンプボタンに日本語名で駅名、店名、地名入力でジャンプが可能。
特に駅名ジャンプは死ぬほど便利で・・・

これは普通に便利ツールとしても使えてしまいます・・・

英語版で一通りやった人もこれは必見。
あと、バージョンアップでも問題なく動くようです

ちなみに、久遠のアパートの上空5000メートルのSS
(正確には4970メートル)
英語版のころとは情報量が段違いデス
グーグルアースその1


英語版で散々やった人も、まだやったこともない人もオススメです
http://earth.google.co.jp/download-earth.html
↑からダウンロードできますが、Googleの検索ページで、一番上にあるmoreをクリックしても行けます

Googleは他にも世界中の本を電子化するという無茶なプロジェクトもやってるそうで、つくづく凄い会社です
B!

[TV] クロマニヨンズが

うちのHDDレコーダーは大塚愛とクロマニヨンズ、甲本ヒロト、真島昌利等のキーワードがいれてあるため、先週~今週にかけて音楽番組がもりもり録画されてました。

一番最初のカウントダウンTVのライブは見事すぎる口ぱくですげぇガッカリしたんですが(画像とあってない上にモロCD音源)ほかの番組ではなかなかの荒らしっぷりで感動してます。

魁音楽番付、Mステもなかなかよかったんですが、扱いで最もよかったとおもったのは「音楽戦士」とゆー番組。
今回はじめてみたんですけど、青木さやかとキングコングが司会をしているらしい番組。

新人バンドの紹介とともにリンダリンダをバックに流しつつ「ブルーハーツとハイロウズの二人がバンドとドラムを加えて結成した~」としっかり説明した上で、どこか野外のロケでヒロトのセリフが数分たっぷりと。
ヒロトはクロマニヨンズのバンド名秘話やヨシオの話を話してくれたあと、TVにしてはめずらしく熱の入った口調で「どこへ向かおうとしているのか」の振りにこう答えてました。
「ロックバンドが向かうところは、無いんだよ。小学校でもいい中学校でもいい高校でもいい。ギターがなくてホウキだっていいんだ。教室の隅でワーっとなる。すごい楽しいんだ。そこがゴールなんです。
東京ドームになっても教室の隅でもなにも変わらない。どこにも行かないよ。ロックバンドは結成したところがゴールなんだ。目的達成だよ」

ヒロトの持論のこのセリフ、まさかここで聞けるとは思えなくてとんでもなく感動しました。
その感動したままタリホーの演奏シーンに移る演出もにくいぐらい最高でした。
演奏後は梶原と西野が教室ギターの話でそこそこ弾んだところで青木さやかがぶち壊し。
もっと引っ張ってほしかったけどまぁさすがにそれは贅沢か・・・

今回の出演TVのなかでは音楽戦士がもっともよかったです。

ところで、今回のヒロトのセリフはヒロトのロックについての考えらしく、いくつかほかの場所でも見かけるのですが、とりあえず久遠の持っているBECKの0巻(特集本)のハロルド作石×甲本ヒロトの対談でも
のってるんで転載してみます。

「ギタリストのピークはその人がギターを持った瞬間にあると思うんだ。弾き方なんてまるでしらなくて、『おお、ギターだぜ!』って思って、ジャーンと鳴らしてみたときが、ギタリスト人生のピークなんだよ。あとは落ちていくか、横ばいか。それ以上はない。そこがピークだしそこがゴールなんだよ・・・僕が話しているのは音楽の話じゃないよ。ロックンロールの話をしているんだ。音楽的にはうまくなったりとか、たくさんお客を呼べるようになったりとか、あると思うんだ。でもロックンロールっていうのはそういうものじゃないんだよ」

このセリフ読んだのはずいぶん前なんですが、TVで見た瞬間「ああ、あのセリフだ」と、生で聞けた感動(TVだから生じゃないですけど)
で泣きそうでした;

やはりヒロトの考えはカッコよくてしびれます。
ハイロウズ解散はめちゃめちゃ残念だったけど、またこうしてバンド結成してくれたのはうれしい限り。
20代のヒロトとマーシーはブルーハーツ
30代はハイロウズで
40代の10年間をこれからクロマニヨンズで見ていけると思うと非常に楽しみです。
ますます、クロマニヨンズのライブいって、ロックアウトされたい、とおもう今日この頃です。
B!

[時事]鳥インフルエンザ

今年~来年当たりにいよいよくるかもしれません。
鳥インフルエンザ。

もう、何年もニュースで騒いだために、「また?」と感じる人が多いみたいですが、インフルエンザウイルスは年月をかけて変化していくので人→人への感染ウィルスが蔓延するまでには時間がかかるわけです。

で、今年の春頃から東南アジアで人→人感染が発覚しているらしいので、今年の冬、そして来年の冬のいよいよ世界的な流行が来るのではないか、という話です。

なんかTVニュースもそんなわけで「また流しても仕方ないじゃん」的なムードのようですが、東南アジアに旅行される方はご注意を。
B!

[TV] 最強のMステ

今日のMステはすごかった・・・

ずいぶん前から”ザ・クロマニヨンズ”出演ってことでチェックしていたのですが

クロマニヨンズ
大塚愛
キグルミ(たらこ)
TOKIO
他数名

・・・なにこのメンツ・・・っていうぐらい・・・

出演を最初知ったときは「軽く紹介するだけかなー」とおもっていたら
オープニングではヒロトとマーシーの間に大塚愛が?!

しかも、オープニング直後のトークで思いっきり話に入ってる?!

大塚愛に「大塚さんは今回の出演者のなかにすごく共演したかった人がいたらしいですね」の問いがあり
大塚愛のプロモには元・ブルーハーツの梶君が参加していたし、
以前もMステ特番で過去の映像ながしてるときに大塚愛は
気になった映像でブルーハーツ挙げていたので、もしや?!!!
とおもったら、ほんとに
「甲元ヒロトさんです」
「以前ライブ見に来てくれてお会いしたことが」
と。
もう、二人の大ファンなのでたまらんかったです。
見てて叫びそうになったデスヨ。

その後も他の共演者が皆ヒロトを話しに挙げたりとか
ヒロトはヒロトで初っ端から
「新人バンドなんだって?」の問いに
「ハイ。チンチンバンドです」
とか答えるし(笑)
(たしかに毎回ふるちんするしまさにそうだけど(笑))

残業4時間な金曜日だったのに、今日はこれのおかげで気力全快。
いい週末になりそうです~
B!

[大航海] ひさびさに海賊被害

航路マップを乗せたのがまずかったか、一ヶ月ぶりにPKに出会っちゃいました。

ケープ行く途中、セントヘナ島の真横で鄭和氏の襲撃。
チャットに夢中になってたので即上納品で回避。
この人職業海賊というのはわるくないとおもうけど、襲った後の「まいど」がウザったいとおもふ。

で、そのままサクサクとケープにいき、アガラス岬発見しにいったところ今度はvolianとかいうヴェネツィアのPKに遭遇。
ログアウトすれば逃げられそうだったものの、面倒なのでそのまま突っ込み上納品。

無事(?)アガラス岬発見し、ゼラニウム満載で帰ってきました。

航路マップさらすとさらに被害増えそうだけどまぁ気にせずに・・・
昨日はこんな感じです他
航海マップ3

B!

[大航海]FF+大航海

会社について仕事を開始して早々に、どう言うわけか・・・・
頭の中でFF2のフィールドテーマが流れ始める;

頭の中の曲はひたすらフィールドテーマ曲がループした後、戦闘、パンデモニウム、ボス曲へと変化。
9時過ぎで仕事始めたばっかりだというのに無性に聞きたくなる・・・

で、ダメ社会人らしく18時に即効帰宅。
古いCDひっぱりだして聞きつつ大航海。
木材の在庫が尽きているので、仕入れにバイーアいくついでにペルナンフーゴに銅版納入しようと、バルセロナ。

航海しながらフィールドのテーマがなんかめちゃめちゃマッチする事実に感動しながら、航海の道すがらリアルで夕飯作成して、食べながらもプレイ続行

ペルナンフーゴの開拓地、久遠は二日に一度ぐらい木材仕入れついでにいって銅版40枚~50枚上納するのですが、行く度に各開拓度が1000ぐらいあがってるのが素晴らしい。
ペルナン2


今日行ったら商業はあまり変化がないものの文化&武装がだいぶ上昇してました。
8ブーメほどして納入したのち、バイーアで木材を積み込み帰還。
その後もFF2曲ききながら仕入れ航海をつづけ・・・
カオスの神殿(FF1)
マトーヤの洞窟(FF1)
フィールドテーマ(FF2)
パンデモニウム(FF2)
反乱軍のテーマ(FF2)
古城(FF2)
戦闘シーン2(FF2)
あたりを聞きながらノリノリで航海してました(笑)
航海マップ2

こんな感じで終了。
しかし、FF1,2,3の曲の名曲っぷりはほんとにすごいです・・・
4,5,6、以降にも名曲は多いけども久遠はやはり初期の作品のすごさが際立ってるように感じます。

あれだけすごい才能でもやっぱ最盛期はもっとすごかったんだなぁ・・・としみじみパンデモニウムに聞き入ってました。

B!

[大航海] ダヴィンチ杯

日曜日夜にアカデミー大会の第二回戦があるため、この週末はひたすら冒険してました。
航路図10-01


インドーペルシャや北海ーリスボンを往復しまくり、カードを集めて、いざアカデミー大会へ。
B!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。