ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[ニコニコ] MMDレミングス

また、すっごい更新間隔があいてました・・・
こんばんわ。久遠です。
毎日言いたいことをTwitterで言ってしまうのでこっちの更新する記事がないのと更新するだけのエネルギーが足らずに放ったらかしになっておりました・・・
Twitterでガス抜きしちゃうから以前みたいにエネルギーが蓄積しないのかもしれません。。。更新したいネタはいつも山ほどあるんですけどねー・・・

で、相変わらずニコ厨ライフを送っているのですが、最近MMD杯で見たレミングス動画が大いに気に入りました。

スーファミやPCゲームの「レミングス」を題材にしたMMD画なんですが、
再現率や作り込みが素晴らしいのです。
今回はこれを紹介したいと思います。





上のほうが去年の第五回MMD杯に出た動画
下のほうが今年の第7回MMD杯に出た動画です。

まず、MMDレミングスの動きがやたら可愛いし、ゲームの特徴を見事に再現しているし、面白いポイントをそこらじゅうに入れていて・・・レミングスがマイナーなのを差し引いても伸びがいまいちなのが不思議すぎます。

Loading中と称して1プレイ終わるごとに小劇を入れてくるのも面白いですし・・・

なんというか、作品全体から強烈なレミングスへの愛が漂っているところがとても好きなわけです。

そもそも一目見て十分すごいのは判るんですが、これどうやって作ってるのかを考えてみると・・・
まずMMDでレミングスのポリゴンとモーションを作り、構成を考えて、フィールドマップを加工してその中に大量のレミングスを配置して動かして・・・・と気が遠くなりそうな作業量・・・相当の愛がないと出来ないと思うわけです。

久遠はレミングス、当時ファミマガで読んだ程度で実際はプレイしてないしほとんど知識なかったんですが、コレ見ただけでだいたいどういうゲームか分かりましたし、ほんとすごい良く考えて付くてると思います。
(そのあとでリプレイ動画見ましたw)

一作目はMMDってことでか、ミクとゲキド街を組み合わせて動画にしていてゲームを知らない人でも楽しめる工夫があるし
二作目はゲーム中の曲を歌わせることで別の価値を付加して見やすくしているところもポイントデカイと思います。

一作目ではゲームプレイっぽく構成してるだけ有って、すごく作りが細かいんですね
1プレイ毎にプレイヤーがうまくなっていく(面の構成を把握して対応していく)様を見事に再現していたり
プレイしていて有りそうなシーンを細かく表現していたり(穴をほっている間に後ろのレミングスが2匹通り抜けたり、自爆して橋より地面が低くなって落ちちゃったり)
実際のゲームにない”ミクさんによる妨害”を組み込んでいるのも面白いところですw(ステージの家がどんどん強固になるw)

二作目は実際のゲームらしく2Dにまとめた代わりに歌に合わせたプレイとTASさん風プレイの二本立てでレミングスの攻略の幅の広さを表現しているところが面白いなーと思います。
実際面見ると「こうやったらいけそう」とかあれこれ考えちゃいますし・・・
実際にやるとコマンドが足り無かったり時間が足りないんだろうなーとか思いながらあれこれ考えてしまいますし。
しかし、二作目で一番思ったのはTASさんプレイ時の曲!
ミクの「みっくみく~にしてやんよ~」が頭から離れなくて仕方有りません・・・
原曲が名曲なせいもあるとおもうんですけど、アレが良すぎて、TASさんの高速プレイで終わってしまっているのがうらめしくてなりませんw
しばらくリピートで聴いていたいのでフルでミクに歌わせた版を強く希望する今日この頃ですw

あ、そうそう。ミクさん誕生日おめでとうございます。(8/31はミク発売から四周年でした)
B!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。