ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[Vic2]最終回・ゲーム終了まで

Victoria2無印版 日本リプレイ日記の27回目です。

初回記事はこちら

前回1927年までお送りしましたが、このあたりでもうまともに戦える国がない状態になっています。
じゃぁ逆にイギリス完全解体やアフリカ完全占領が出来るかというとそれにも微妙に届かず・・・
ならばすこしでも領土広げて終わろう、ということで前回ポルトガルに続いてスペインと再び戦争です。
V2_1295.jpgV2_1296.jpg

西アフリカで依然残ったままのソコトも邪魔なので削っておきます
V2_1298.jpgV2_1299.jpg

ここで、ブリタニア共和国(元イギリス)に何度目かの政変
V2_1301.jpg

今回、ジャコバンの乱(自由主義者)による首都占領なので、これはイギリス復活するか?!と思ったのですが

V2_1302.jpg

なんかすごく惜しい感じになってました・・・
まぁ、ほぼイギリスですね・・・一周して自由主義に戻ったのはまぁ良かったのでしょうか。

このへんで研究も進みまして、海軍の研究も全て終わりました
V2_1304.jpgV2_1305.jpg

もうゲーム終了まで余り年数もないですので最後は商業を上げておきます。
日本の場合全研究完了はちょっと難しい感じです
V2_1306.jpg

ソコトは首都州以外をすべて割譲。
V2_1307.jpg
5州以上ある国家はたとえ非文明国でも一括併合はできないのが面倒なところです。

5年の停戦が開けたのでオランダさんにも宣戦布告です
V2_1308.jpgV2_1309.jpg

そしてスペインとはこのへんで和平
バレンシアまでは取れませんでした・・・
V2_1311.jpgV2_1312.jpg

そういえば以前独立させたズールーが近代化してました
V2_1313.jpg

他にペルシアも近代化。別に国名はイランに変わらないみたいです
V2_1315.jpg

どういうわけか、アメリカからハワイが独立しました・・・
アメリカもどうやら反乱が多発しているようですが、島だから鎮圧が遅れたんだと思われます
V2_1316.jpg

一方で日本領土内も反乱の嵐で大荒れです・・・
この時代になると反乱発生率は全体的に高まるのですが、そもそも戦争し過ぎなんでしょう
V2_1314.jpgV2_1318.jpgV2_1321.jpg

反乱発生しまくりで余計な手間が山ほどかかっているのですが、グレートブリテンとの最後の戦争を行います
V2_1317.jpg

国土をすべて奪うのは無理ですが、アジアにある領土だけでもすべて奪っておこう、というのが目的です。

一方でオランダとは終戦。
アンボン(アンボン島やテルテーナスラウェシ島など)の割譲がメインとなりました。
V2_1320.jpg

イギリス戦争は各地で徴兵された動員兵を倒しながら進めていったのですが、本土のみでは戦功が足りなかったため、カナダ全土占領が必要になり長引きました・・・
結果、1935年までかかってなんとか和平
V2_1322.jpgV2_1323.jpg

マレー半島やタイビルマ国境地帯、インド洋の島々等アジア地域にあったイギリス領土をごっそり割譲しての和平となりました。

で、1935年の12月でゲームが終了してしまうので、最後ということで
V2_1326.jpg

領土内に国家中枢がある国をすべて独立させてみました。
V2_1326.jpg

日本が征服した国も多いですが、当初存在しなかった国も多いのがこのゲームの面白いところです。
このゲームはセーブしたゲームを再開するときにプレイする国を選ぶことが出来るので、プレイヤーが独立させた国をプレイすることも出来るんですね。

そんなところでゲーム終了の年数となりました。
V2_1324.jpg

終了時点の世界地図はこのような感じに。
V2_1327.jpg

世界的にイギリスは大幅に領土を縮小しました。
アフリカは大部分を日本が占めていて、中部にコンゴ共和国、南部は各独立国が分布している形です。
西部はドイツとフランスの領土が残ってしまいました。

アジアは日本か日本勢力圏の各独立国という形に。
ただし日本と同格の大国として中国が残ったため、史実と全く異なるパワーバランスになりそうです。

オセアニアではオーストラリアが完全な形で独立しているのに対してニュージーランドの北島はイギリス領土として残ったため、火種になりそうです。

ヨーロッパはオーストリアハンガリー二重帝国が最後まで残ってしまいました。
しかもヨーロッパ最大勢力なのでどんな歴史になるのか想像がつきません。

アメリカ大陸はどういうわけかメキシコがえらい強いです。
西部はほとんどメキシコ領土のまま残ったためアメリカの国力も史実ほどは爆発しなさそうです。

今回のプレイを振り返ってみてですが、やはり反省の多い内容となってしまいました。

維新まではかなり良い出来だったと思うのですが、その後工業力と植民を両方やろうとしたため効果が余り上がらず無駄が多かったように思えます。

植民政策を取る場合工業力は一定の見切りを付けて最低限の工業技術のみ推進するべきでした。
陸軍、海軍、工業で技術研究が大きくぶれていたため、そのへんをもう少し精査すればより早くイギリスと戦えた気がします。

また、開始時点で終了時の目標を定めて置かなかったのもまずかったです。
アフリカ、アジアの統一やインド以東から欧州を除外する等、目標を定めて挑むべきでした。

だいぶ長々と連載しましたが、最後に綺麗に落とせなかったところが心残りであり、今後の課題といったところです。

Vic2は新しい拡張キットも出ているのそっちにも手を出したらそのうち新しいリプレイも書いてみようかと思います。

尻切れ感が大きいですが、今回の連載はここまでと致します。
最期までお付き合いいただきありがとうございました。


B!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。