ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[TV]僕たちの戦争

先日TBSで放送のあったスペシャルドラマ『僕たちの戦争」が
なぜか、レコーダーに自動録画されていたので遅ればせながら見ました。

タイムスリップ物のドラマ、映画は数多くあって、大概は元の世界に返ってくるので、中盤当たりまで見ていき
「これどうやって話し終わるんだろう・・・」
と心配になって行ったのですが・・・

意外にもいい意味で予想を裏切る結末でした。

終わった瞬間「え?!!」とおもったのですが、1時間ほどしてなんとなく、そんな結末にした意図も理解できました。

ああいう展開にあえてして「戦争の理不尽さ」をより伝えたかった、そう感じました。

まぁ、内容は実はどうでもよくて(ぇ

エンディングテーマがブルーハーツだったので感動しました(ぉ

ブルーハーツの『君のため』久しぶりに聞きましたけど、確かにこのドラマにぴったりで・・・・

「もう抱きしめて二度と離しはしない たとえ地球が砕けても 金がなくても」
「君のためにしてあげられることは それぐらいしか 今はできないけれど」
の下りなんてバッチリはまってました。

劇中、主人公の着メロが「リンダリンダ」だったんで「あれ??!」とおもったんですが、まさかこう来るとは・・・

ブルーハーツの歌詞は太平洋戦争を彷彿されるものがいくつかあるので、久遠的にはこれはすばらしい選曲だったとおもうのですが
さらに欲を言うなら・・・

劇中どっかに「やるか逃げるか」を挿入歌で入れてほしかった・・・
久遠はあの歌、絶対太平洋戦争の歌だと思うんですよね。

「南の国へ行こう 日焼けでもしにゆこう」
「南の国へ行こう ダイエットしにゆこう」
は激戦地だったところが今は観光地で何も知らずに旅行に行っていることへ対する皮肉だと思うんです。

せっかく、タイムスリップして戦時中へ・・・という話だったから、この曲は流してほしかったです。
「愛するあの子のために、平和を守るために、死んだらそれでさようなら。やるか逃げるか、どうする」

このドラマのテーマもまさにそんな感じで、かなりマッチしたと思うのでそれだけが残念です。

こういうドラマって安っぽい戦争批判・・・なんていう人もいると思うのですけど、すこしでもそれについて考える人が増えるなら、いいことなんじゃないのかな。
(まぁ劇中の時代演出があまりにお粗末だったんでケチの付け場は相当多そうですけど;)

スポンサーサイト
B!
COMMENT
さきさんはじめまして~
コメントありがとうございます。

最後のシーンは私個人では、タイムスリップは起きず、どうしても戻りたかったような若者も死ななければいけない=そんな簡単に犠牲から逃れられないという風にとってますが、
製作者はきっと「どっちが戻ってきたかを視聴者にゆだねる」という意味合いでああいう演出にしたのではないかと思います。

はじめまして
今さっき再放送の僕たちの戦争をやっていたのを初めてみました。
ブルーハーツファンの私はリンダリンダが車の中でかかっていたのを聞いて全部見てしまったのです。
まさか最後の曲までブルーハーツとはこだわってるなーと思いましたが。
僕たちの戦争とブルーハーツのダブル検索でたどりつきました。
で、私、映画の理解力が乏しく低いのですが、最後ってどういう終わりだったのでしょう?結局どうなったのかよく分からないのですが最後に帰って来たのは誰でしょう?
しょうもない質問でごめんなさい・・
そして昔のブログに今さらコメント失礼いたします。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/235-c246c649
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。