ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[TV] クロマニヨンズが

うちのHDDレコーダーは大塚愛とクロマニヨンズ、甲本ヒロト、真島昌利等のキーワードがいれてあるため、先週~今週にかけて音楽番組がもりもり録画されてました。

一番最初のカウントダウンTVのライブは見事すぎる口ぱくですげぇガッカリしたんですが(画像とあってない上にモロCD音源)ほかの番組ではなかなかの荒らしっぷりで感動してます。

魁音楽番付、Mステもなかなかよかったんですが、扱いで最もよかったとおもったのは「音楽戦士」とゆー番組。
今回はじめてみたんですけど、青木さやかとキングコングが司会をしているらしい番組。

新人バンドの紹介とともにリンダリンダをバックに流しつつ「ブルーハーツとハイロウズの二人がバンドとドラムを加えて結成した~」としっかり説明した上で、どこか野外のロケでヒロトのセリフが数分たっぷりと。
ヒロトはクロマニヨンズのバンド名秘話やヨシオの話を話してくれたあと、TVにしてはめずらしく熱の入った口調で「どこへ向かおうとしているのか」の振りにこう答えてました。
「ロックバンドが向かうところは、無いんだよ。小学校でもいい中学校でもいい高校でもいい。ギターがなくてホウキだっていいんだ。教室の隅でワーっとなる。すごい楽しいんだ。そこがゴールなんです。
東京ドームになっても教室の隅でもなにも変わらない。どこにも行かないよ。ロックバンドは結成したところがゴールなんだ。目的達成だよ」

ヒロトの持論のこのセリフ、まさかここで聞けるとは思えなくてとんでもなく感動しました。
その感動したままタリホーの演奏シーンに移る演出もにくいぐらい最高でした。
演奏後は梶原と西野が教室ギターの話でそこそこ弾んだところで青木さやかがぶち壊し。
もっと引っ張ってほしかったけどまぁさすがにそれは贅沢か・・・

今回の出演TVのなかでは音楽戦士がもっともよかったです。

ところで、今回のヒロトのセリフはヒロトのロックについての考えらしく、いくつかほかの場所でも見かけるのですが、とりあえず久遠の持っているBECKの0巻(特集本)のハロルド作石×甲本ヒロトの対談でも
のってるんで転載してみます。

「ギタリストのピークはその人がギターを持った瞬間にあると思うんだ。弾き方なんてまるでしらなくて、『おお、ギターだぜ!』って思って、ジャーンと鳴らしてみたときが、ギタリスト人生のピークなんだよ。あとは落ちていくか、横ばいか。それ以上はない。そこがピークだしそこがゴールなんだよ・・・僕が話しているのは音楽の話じゃないよ。ロックンロールの話をしているんだ。音楽的にはうまくなったりとか、たくさんお客を呼べるようになったりとか、あると思うんだ。でもロックンロールっていうのはそういうものじゃないんだよ」

このセリフ読んだのはずいぶん前なんですが、TVで見た瞬間「ああ、あのセリフだ」と、生で聞けた感動(TVだから生じゃないですけど)
で泣きそうでした;

やはりヒロトの考えはカッコよくてしびれます。
ハイロウズ解散はめちゃめちゃ残念だったけど、またこうしてバンド結成してくれたのはうれしい限り。
20代のヒロトとマーシーはブルーハーツ
30代はハイロウズで
40代の10年間をこれからクロマニヨンズで見ていけると思うと非常に楽しみです。
ますます、クロマニヨンズのライブいって、ロックアウトされたい、とおもう今日この頃です。
スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/244-3aff0309
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。