ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

電車男最終話

今日、同じタイトルの日記はいったい何個書かれているんだろう・・・・とおもいつつ。

最終回、感動しました。
久遠はドラマに限らず感動しやすい性質ですが、今回はとびきりでした。

最初のエルメスが掲示板を読み始めるところから始める演出は実に上手いやり方だったと思います。
エルメスを通じて視聴者にも一話からの進展を思い出させて、開始から一気に感動できるし、エルメスの気持ちもビシビシ伝わってきて泣けるし・・・

サンボマスターが劇中で・・・ここでボロボロ泣きでした・・・
感動もあるんだろうけど、きっと電車とエルメスのもらい泣きなんだろうな、と思います。
きっと、日本中で何百万人ももらい泣きしたんじゃないかな・・・と
おもうような・・・

桜井氏の定番の邪魔や弟からの謝罪やいろんな人からの電話もあったりで笑いもしっかり抑えつつ、恋愛路線も超本気路線・・・

電車の母親、なんで出てこないかと思ってたらすごいネタで攻めてくるし、999レスで汽車でスリーナインとかもう美味しいネタいっぱいで・・・
90分の分間延びするのが心配だったけど、それに十分あふれるだけの内容ですばらしかったです。

気になるのはもはや視聴率がいくつかってことぐらいで・・・・
(特別編、なんで劇団一人なのかと・・・陣釜スペシャルにしてほしかった)

ラスト、まさかああいうオチで来るとはまったく予想してなかったのでメチャメチャ笑いました・・・
俺も入りたいヨ・・・陣釜美鈴被害者の会・・・・

電車男、感動や笑いや純愛や色んな要素がありましたけど、久遠が一番イイと思ったのは人の温かさが物凄く強いことだと思います。

エルメスみたいな人が居る訳無いとか、そんなに上手くいかないとか言う人も居ます。
でもエルメスみたいな人だってまったく居ないというわけではないですし、出会いだってどんな人だってまったく無いわけではないわけです。

色んな要素がからめば、こういった話は絶対ある、と言えると思うんです。
ちょっとの運命に沢山の勇気と他人のちょっとした後押しがあれば、人は幸せになれる、という。
そういう説得力があるとまではいえませんが、久遠はそう思えました。


ドラマに限らない話ですけど、よい音楽やよい物語で受けた感動で人は一時的でも前向きになりますし、そのほんのちょっとが何百万人分もあつまって、世の中はほんの少しだけ変わる・・・それが音楽や物語が世界を変えるということだと久遠は思っています。

電車男のドラマが与えた感動で、世の中はほんの少しよくなるんじゃないかな、と思います。
ほんとに些細な、わずかな変化かもしれませんが。

そうなったらうれしいな、と思います
スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/33-1c78a6b8
・ドラマ「電車男」最終話のストーリー(その1)
フジテレビのドラマ「電車男」が昨日、最終回(2005/9/22)を迎えました。見逃した方は居ないとは思うけど、頑張って、「電車男」の最終話のストーリーを見たまんま(多分)で書きます。(私の本館のBlogから持ってきました。本館のBlog、重すぎて?、上手くTBでき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。