ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[ゲーム] ひさびさにEU3

今日はひさびさにEU3をやってました。

週末に南米行ったり来たりしてたら妙にやりたくなってしまって・・・・w

あと、新PCだとどれぐらい快適に動くか試してみたかったのもありまして
EU3_5_20071211001346.jpg


例によってポルトガルで開始。時代は面倒なので1453年(もっとも古い開始年数)

今回は、可能な限り効率的に(前回が適当だったので)交易&植民地政策で資金力を確保しつつ、適当に勢力強めること。

ええ、目的無いです(笑)

そんなわけで
EU3_6_20071211001340.jpg

最初の、政策変更は、海軍重視を強化。
(15年に一度、政策を見直して国の方向性を少しずつ変えられるんです)

EU3_7_20071211001330.jpg

植民地拡大が目的なので、まず政策を増やすために、統治技術全額投資。

月収は0に保って、年収でやりくりする構えです。
(このゲーム、毎月の収入と年始の収入があり、毎月の収入を増やす=研究費用を減らすと、インフレ率が上がり、将来的にあらゆるコストが増えるという特徴がある)

そんな感じで設定し、まずカスティーラ(イスパニアの片割れ)と婚姻をしたりしつつ、平和にアゾレスの住民を増やしたりして、2年経過。
リアルタイム進行&時間停止可能なので、放置の時はガンガン時間送れるのがいいところです。
んで
EU3_13.jpg

よーやく統治技術UP
国策はもちろん
EU3_14.jpg

新世界の探索を。
この国策、統治技術は4段階ほどあげないと使える数が増えないので、非常に強力なのですが、どれを選ぶかで大きく方向性が変わるシロモノです。
新世界の探索がないと、未発見の地域(アメリカ大陸やインドやその他非欧州地域)を発見できないので、一見非常にいいように思えますが、他の技術も軍隊が大幅に強くなったり、商人の競争力が非常に強くなったりするので、コレを選ぶ分、他の面では他国より弱くなるわけです。
そんなわけで、早速探検家を雇い、まずはアフリカ南下からスタート。
EU3_19.jpg

このあと、カーボヴェルデ(↑で白く表示されてる島)を発見することが出来たので、早速殖民。

3回ほど失敗したものの、なんとか植民地化できたので、そこを拠点にアフリカ陸沿いを進み・・・
EU3_21.jpg
EU3_22.jpg


ケープを植民地化に成功。
(途中かなりはしょった(というか熱中してSSとり忘れたw)のですが、開始から11年経過してます。
同時に、カーボを拠点にして南米にも手を伸ばし
EU3_24.jpg

金産出地を真っ先に植民地化。(ケープの奥地でも産出地があるので、そこも)
その後、金産出地を都市化するために、ひたすら移住者を送り続け、
かつ
探索部隊はケープを拠点に東アフリカ、インド、ペルシャまで到達したところで・・・・

ハングアップしましたOrz

新PCになっても、相変わらずのようです(笑)

久遠はこの手のゲーム大好きゆえはじめると熱中のあまり、数時間タイムスリップしてしまうのですが、その分、うかつに遊べないのがつらいところですw

年末年始は実家に持ち帰るノートに入れて遊び倒そうかと思っています(笑)
スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/470-0daf6482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。