ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[HoI3] 日本プレイ4週目

年末、たしか27日とかその辺から始めたHoI3日本での4週目プレイが先週末にようやく終わりました。

一回は通しでセオリープレイがしたい、とやったんですが・・・長かったっす・・・ハンパなく・・・

数えようが無いのでわからないですが、確実に100時間は突破してます・・・下手すると200時間ぐらい・・・?
久遠もAARとかプレイ動画とか作ってみたいんですが・・・正直普通のプレイでこのプレイ時間なんでとても無理だと思ってます・・・

ところで、HoI3・・・というかHoIシリーズで何がそんなに面白いかについてちょっと書いておこうかと思います。

最も大きいのは第二次大戦をそれなりにリアルなバランスで遊べるゲームってところなんですが(あくまでゲームなんでそこは注意が必要ですが)
その中でも面白いのは研究と生産だと思います。

このゲーム、1936年~1948年までの12年が舞台になっているのですが、12年と言う短い期間にも関わらず、一種類の技術の研究開発に1年間近くかかったりします。
また、研究が終わった兵器を生産するにも数カ月~2年という期間がかかるわけです。

特に、空母や戦艦は研究に1年、生産に2年とかかかるため、12年しか無いプレイ期間の中で3年先を考えて研究する必要が出てきます。

なので、否が応でも何年後にどういう戦いをしているかを想定して戦略を練る必要が有るわけですが、プレイヤーの行動とAIの気まぐれで毎回二次大戦の史実から微妙にずれて歴史が展開して行くので、この先読みと予想出来無い展開がたまらなく面白いわけです。

あくまで楽しみの一例で他にも色々遊べるゲームなんですが、短い期間のめまぐるしい展開と長いスパンの開発というギャップが久遠は一番好きなところです。

そんなわけで、4週目をプレイするに際して、予め数年先の戦争展開を考えてみるわけです。

開始は1936年。
で、日本では最初の戦争が日中戦争になるわけですが、これの開戦口実のイベントは1937年8月までは起きないので、開戦はその辺。
日中戦争では陸軍しか使わないので、まず18ヶ月先に向けて陸戦再編をやります。
ただ問題は日中戦争を終えた先の連合軍相手の戦争で、ここは陸軍よりも海軍が超重要になります。
史実では二次大戦は1939年夏開始ですが、HOI3ではどうも毎回1年ほど早まる傾向があるので、だいたい1938年夏頃には準備を整えておきたいところ。

日本の場合初期から海軍はそれなりなのですが、それだけでは結構厳しいのでせめて最新鋭空母を1,2隻作っておきたいところ・・・なので、1936年から空母のみ全力で研究し、研究が進んだところで随時生産をすることにしました。

その分陸軍に避ける力は減るので、対中戦の強化は砲兵旅団を15旅団作ってすべての歩兵師団に入れるのみとしました。

前回、中国共産党が共産圏入をしてソ連の参戦を招いてしまったのですが・・・実際問題それを避ける手が全く無いのでひたすらそうなら内容に祈って進めるしか有りませんでした・・・

で、ほとんど3週目と同じ感じでサクサク進めて1938年に中国全面占領。
予め生産ラインに2,3個の海軍基地を入れておいて、進軍に合わせて中国沿岸に港を増設していくとかなり楽に進軍出来る感じです。
あと、全力で陸軍増強しても補給が追いつかないので師団を強化する方向で行くのがいいと思います。

Hoi3_16.jpg
(黄色が日本の占領領域)
ついでに、今回統一中国を作りたかったのでユンナンにも宣戦して併合しておきました
Hoi3_15.jpg

・・・が、どうも派手に併合しまくったのがマズかったのか・・・

Hoi3_17.jpg

二次大戦開戦前、真珠湾はおろかポーランド進行も発生してないのに、アメリカ様が連合に入ってしまいました・・・・モンロー主義はどこいったんすか・・・・

で、見事にSS撮りそこねたのですが、1939年2月にドイツのポーランド進行が発生。
ダンツィヒか戦争か、とか4週目でようやく見れた気がします・・・

今回は予測通りのタイミングだったので、中国からインドネシア、インド方面へ進軍しつつ、フィリピン、ヴェトナム海域で海戦・・・と言う感じで進みました。

で、まずヴェトナム沖で熱い海戦が発生しました
Hoi3_18.jpg

日本海軍30隻VSイギリス連合国艦隊34隻の海戦。
小沢さんVSラムゼー提督
日本海軍は主力すべて投入しての戦いだったんですが・・・・

かろうじて勝ちました
倒しそこねた敵船もすべて撃沈したのですが・・・こちらの被害も甚大でした
Hoi3_20.jpg

普段ならこれで対連合軍の制海権取れるんですが、いかんせん今回はアメリカ様が最初から敵にまわっているのでめちゃめちゃしんどい展開になりました・・・アメリカ海軍>イギリス海軍=日本海軍なんですよね、初期の戦力。

とはいえ、結果的にはこの初戦の海戦その後の制海権を決める戦いになりました。
山ほど居るはずのアメリカ海軍は結局イギリス船やってる間はずっと大西洋に居たようで遭遇しなかったのが幸いでした。

で、フィリピン攻略はアメリカ海軍を呼び寄せて危険そうなのであきらめ、進軍経路上攻略必須のシンガポール、インドネシア攻略に生き残った戦力を全部注ぐことにしました。

一方、いつもは1,2個師団しか居ないインドネシア&シンガポールなんですが・・・
Hoi3_19.jpg

なんか、20万近い兵力が駐屯してました・・・

どうも、戦火の遠いアメリカから百万級の遠征軍が送られてるようで・・・しょっぱなから厳しい戦いになりました
とは言え、中国で戦った戦力をそのまま転用できるのでさすがに数で押すことができて
Hoi3_22.jpg

結果的には包囲殲滅で20万全部捕虜にする・・・という結果になりました。

いつも以上に手こずりつつも、インドネシアを攻略し、シンガポールも攻略
司令官山下さんにしなかったのをちょっと後悔した1シーン

Hoi3_23.jpg

おそらくアメリカからの援軍であろうとおもわれる10万級のネパール&ブータン連合軍に辟易しつつも、インパールを突破
Hoi3_21.jpg

この辺から大軍だと補給が持たない、しかし兵力を減らすと敵に押し負ける・・・というジレンマに苦しみだすのですが、幸いかろうじて制海権を取れていたのでダッカ、カルカッタを確保してなんとか東インド→ネパールブータン→インド全域と進軍。
逆に海路で港を先に抑えたことでイギリス軍が兵力多すぎて補給切れになっている感じでした・・・

ちなみにこの時点の枢軸陣営はこんな感じ
Hoi3_24.jpg

何気にスペインとポルトガルが加入してるのが素晴らしいです。
これでジブラルタルあっさり確保か・・・・とおもったら、ジブラルタルにも20万近い兵士が駐屯していて逆にスペイン全軍が釘付けにされてました・・・・

また、インドネシア攻略中にパリが落ちたせいか、どういうわけかフランスが日本に降伏してきました・・・
ここで傀儡政権を樹立を選ぶべきだったんですが、ついICに目がくらんで併合してしまい・・・

悪夢を招きました

兵力一人も居ない旧フランス領にカナダ、アメリカ、イギリスが次々と上陸してくるんですね・・・
それをドイツの援軍が必至に撃退・・・と言う感じで、旧フランス領も半分近く奪われ、スペインに攻め込まれる始末・・・この時点で枢軸瓦解するかも・・・と思ったんですが、ドイツ様の援軍が凄まじい量になり、それでかろうじて各国の部隊を海に追い落とせました。

ていうか、アメリカの進行凄すぎたのでSS撮りまくったつもりだったんですが・・・・どういうわけか一枚も残ってなくてショックです;

日本軍はインド→海路でクウェートへ→(連合入している)イラクへ進行→イギリス領の現イスラエル領を突破→スエズ と進軍しました・・・が
また例によって、イタリアが独力でスエズ運河奪取という奇跡を起こし、余裕で突破出来ました・・・

ところで、中国戦終わった後からずっと継続して工場を作っているんです。
HoI3では生産する度に実戦経験がたまって使うICと期間がどんどん短くなっていくんですが・・・
開始当初、6ICと14ヶ月かかっていたんですがこの時点で半減してました
Hoi3_25.jpg

一年を切っているってことで一気に工場30個生産したんですが、これが後にすごいことになります。

戦線はインドから戦い詰めの兵力でジブラルタル攻撃
・・・とはいえ・・・
ジブラルタルはそもそも山岳地帯なのにそのうえ要塞化されていて、多少多いぐらいの兵力で囲んでもさっぱり落とせないので・・・
まず、空爆でインフラと物資を徹底的に潰しました
Hoi3_26.jpg

その上で3方から攻撃・・・これ以上の兵力だと補給が続かなくて無理でした

Hoi3_27.jpg

Hoi3_28.jpg

戦闘開始から2ヶ月ほどかかってなんとか攻略
Hoi3_29.jpg

さすがにこれでイギリスの陸軍をほぼ殲滅できたようなので、一気に本土進行しました
Hoi3_30.jpg

これももう久遠は毎回やってる進軍経路になってきてます・・・
まず、プリマス周囲に分散上陸して包囲
プリマス方面に兵力が移動したらポーツマス、ドーバからも上陸してロンドン包囲・・・

この時点で大陸で戦闘相手が居なくて700個旅団以上を抱えてるドイツ(兵数200万以上)がなんでまったく上陸しないのか理解に苦しみますが・・・・Hoi3_31.jpg
ロンドンもなんとか攻略。

ロンドン攻略だけで4時間ぐらいかかってるんですが、こうやって書くとすごいあっさり勝ってるみたいででびっくりですw
Hoi3_32.jpg

かくして、イギリスも降伏。

普通ならここで連合国解散ですが・・・やっぱりというかしっかりアメリカが盟主になって戦争継続でした。

ちなみに、この時点での枢軸陣営の兵力ランキング。

陸軍・・・ドイツ様圧倒的です。
何気に満州がすごい・・・っていうかイタリアそれだけ・・・?
多分遠征軍で各国に派遣されてる・・・んだとおもいます。
日本軍がやたら多いのはフランス防衛用にドイツ様から100個師団ぐらい援軍が来てるせいですw
Hoi3_33.jpg

海軍は・・・開戦前から作ってきた空母が続々完成していてかなり強化されてます。
ちなみに、重巡、巡洋戦艦、戦艦は作ってないのですべて戦前からあるものです。
あれだけ壊滅状態になっても軽巡が代わりに沈んでくれるので結構主力艦は生き残るんですね。
Hoi3_34.jpg

空軍
イタリア、ドイツが少ないのは最強のイギリス空軍と戦い続けてるから・・・じゃないかとおもいます
Hoi3_35.jpg

空母はそれだけで高くて時間もかかるくせに、空母用の航空部隊も作らないといけなく、しかもしれがとっても高コストなのがツラいところなんですよね。
ちなみに空母航空隊の生産画面。
Hoi3_36.jpg

で、イギリス倒したあと、海軍一気に太平洋まで移動したんですが、早速グアム沖で接触しました
Hoi3_37.jpg

いちいち司令官がイイ組み合わせで困りますw

その後、アメリカが散発的にサイパンに上陸作戦をしてきたので、うまい具合に主力決戦に持ち込んでみました
Hoi3_38.jpg

さすがに空母8隻を集中運用すると火力も凄まじく、あっさり撃破。
その後、分散した小艦隊を潰すだけでほぼ太平洋の制海権を確保。
ちょっとチート国家アメリカ様にしては歯ごたえが無いんですが・・・
やはり39年からひたすら遠征軍送り続けたせいで国力がそこをついているようです。

海域と送った部隊が部隊だったのでちょっとwktkしながらSS撮ったんですがこのへんでは全く抵抗なくなってました・・・結構ガッカリですw
Hoi3_45.jpg

制海権を得たので、フィリピン→南西諸島と攻略。
この時点でニュージーランドが連合、オーストラリアは中立を保っていたので、オーストラリアが連合入する前にニュージーランドを確保しにいったんですが・・・・
Hoi3_42.jpg

ここでもやっぱりすごい大軍がたまってました・・・
どうでもいいけどこの地名、別のものしか想像出来ないんですけど・・・
Hoi3_43.jpg

その後、大して抵抗の無いままウェーク島→ミッドウェー→ハワイと進行し、そのまま中米に強襲上陸かけてみました。
コスタリカ、パナマ、メキシコと小~中規模の国が連なっている地域なので、労せず制圧できる・・・・とおもったんですが・・・
Hoi3_46.jpg
Hoi3_47.jpg

おぞましいほどの大軍が、ジャングル地帯に集結してました・・・・勘弁してください

メキシコにざっと60万
中米の各国に15万×4カ国で60万
南米諸国に各30万ほどいらっしゃいまして・・・・

上陸開始が41年だったのですが、ここで凄まじく足止めを食らうハメになりました。
ただ、その間に量産していた工場も完成したりしまして・・・
Hoi3_39.jpg

建設実践が25まで上がり

Hoi3_49.jpg

工場の必要ICが1.3になり・・・

最終的に86日で完成と言う状況になりました・・・・

ICすべてで工場を生産すると、3ヶ月でICが2倍になると言う凄まじい状況で・・・
Hoi3_53.jpg

あれよあれよというまにアメリカを余裕で超えるICになりました・・・
なんぼなんでも量産効果高すぎると思うのですが、その影響でインフラの生産時間も短くなり、中米一帯のインフラ&港をすべて10レベルにすることが出来ました。

ちなみに、アメリカこの時点で本土侵攻も一切受けてないのに人的資源完全に底を打ってます。

Hoi3_54.jpg


とはいえ、ここまでICが増えてしまうともうゲームとしては終了したようなものなので一気にアメリカを攻めても良かったんですが・・・・どうせなら連合国全部倒してみよう・・・ということで、南米諸国全制圧とかアホなことをやってみました。

結果、長く戦線が攻略したヴェネズエラが超近代化したりしましたが・・・
Hoi3_14.jpg

中米に上陸した41年から47年までかけてなんとか南米を全制圧。

この間に

自国で研究してこなかった中戦車をドイツのライセンス生産で生産してみたり
Hoi3_55.jpg

ひそかに研究を進めてみたり
Hoi3_51.jpg
Hoi3_58.jpg


長岡に原子炉を作ってみたりしてました
Hoi3_59.jpg
Hoi3_60.jpg

ちなみにこの時点でもうICは際限なく増えていて、実際のICは工場ではなく資源の量に左右されるようになりました。
というか、一日のエネルギー消費量3400とかになるんで、世界中の資源を全部買っても足らないんですよね・・・
工業力から資本の時代への転換がえっらい早い時期に起きていると言う・・・いや違うか・・・

そんなこんなで南米諸国を倒し、残りはアメリカとカナダのみ。
とりあえずと東海岸のカナダ方面から攻めかかったんですが、ふと西海岸みるとひどい有様でした
Hoi3_56.jpg

正直、このバージョンのAI,上陸作戦に関して頭悪すぎです・・・
大陸内での戦争ではかなり頭いいんですが上陸作戦が致命的にアホなんですよね・・・・
一点に非常識な数を集めて上陸するので、上陸後補給が途絶えて進行できなくなる
とはいえ、莫大な兵力がいるので攻め込まれてもなんとか守りきれる・・・
結果、お互い大軍が一点に釘付けにされるという・・・

まぁ、その分東海岸は守備が弱く、カナダと一緒にアメリカの諸都市もおとしてたんですが、つい、こう、なんというか・・・・やっちゃいました

Hoi3_62.jpg

V2ロケットと核弾頭。悪夢の組み合わせです。

その後、ワシントン前までは進行するものの、ここで強固な防御線を敷かれてしまい進軍停止
Hoi3_63.jpg

首都に300師団も駐留してるうえに、前線にも200師団ぐらいいるんです・・・
一応インフラ破壊も狙ってみましたが・・・あんま効果がありませんでした
Hoi3_66.jpg

カナダが降伏したらコレが動くかと思ったんですが、全く役に立ちませんでした・・・
Hoi3_65.jpg


結局埒があかないので、征服したカナダに参戦してもらい、アメリカ軍がそっちに兵力を割いた好きに突破しました・・・もう非道の放題です

Hoi3_68.jpg

結局、ワシントンを包囲して半年近く攻撃し続けてようやく攻略に成功。
Hoi3_69.jpg

直後、首都になったシカゴにV2を飛ばしたところ、一撃で国民結束度が22%も下がり、即降伏となりました
Hoi3_70.jpg

最後の一国が落ちたことで亡命政権も続々と降伏してきまして
Hoi3_71.jpg

無事戦争終結となりました・・・・なぜか(バグ?)ポーランドだけ降伏しませんでしたけど・・・・

激戦の跡の古戦場・・・すでにマジノ線を越えてます
Hoi3_72.jpg

Hoi3_13.jpg

と、長々と通してみたのですが、やはり一番しんどかったのは39~40年のフランス防衛戦でした。
日本軍は全員インド戦線でヨーロッパへはジブラルタルもスエズも抑えられてて入れず・・・結局ドイツに助けてもらったんですが、あそこはほんとにいっぱいいっぱいでした

逆に言うと、枢軸プレイは日本でもイタリアでもドイツが無類の強さを誇るので(上陸以外ですが)それなりのプレイをすれば勝ててしまうところが物足りなくも有ります。

次回は連合側の小国あたりでプレイしてみたいんですが・・・そろそろプレイ時間が怖くなってきた今日この頃です
スポンサーサイト
B!
COMMENT
こんにちわ。
このゲームの日本はかなり可能性が大きいので歴史的にありえないぐらいのこともできてしまうのが面白いです。
小国プレイ全然まとめれてないのですが・・・いつかできれば・・・
日本がアメリカ併合っていうのが壮大ですね…… 連合国の小国プレー、期待しています!(^^)
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/809-458630e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。