ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[Vic2] ヴィクトリア2 上手く行かなかったプレイ色々

こんばんわ。最近思うように時間が集まらない久遠です。
今回もVictoria2ネタです。

前回、日露戦に勝ってサハリン、北方領土、オホーツクを取った後・・・

海軍もさらに増強して、戦争経験も欲しかったので若干調子にのって、オランダに宣戦布告してみたんですね
V2_137.jpg

戦勝点107必要とか普通に考えれば完全に無謀です。
まぁ、このころはその程度がわかってなかったんですが・・・

今見ると、この時のオランダには保護国がついておらず、同盟国だけだったのは幸いでした。
まぁそれでもいっぱい参戦してきたわけですが。
敵側に同盟国のスペイン、オーストリア、スイス、スウェーデンが加わって開戦。
V2_139.jpg

とりあえず海軍はかなり増強していたので制海権をがっちりとりつつ、インドネシアに散らばってるオランダ軍の大軍を個別に潰していく戦略で進行
V2_140.jpg
海峡は普段陸軍が通行できるんですけど、海軍で封鎖すると通行できなくなるんで各個撃破にはうってつけなんですよね。
上陸で敵部隊を惹きつけて、海峡封鎖居&大軍包囲で殲滅して敵の数を一気に減らす作戦です。

この作戦は大当たりで非常に順調に進んでいったんですが、途中でオスマン帝国が軍事介入
相手側の戦争指導者がオスマンになりました・・・

V2_142.jpg

インドネシア制圧した頃には参戦国が続々と単独和平で離脱していったんですけど、敵がオスマンとオランダだけ残っており、東南アジアには攻め取る土地がもうない。
相手の兵力もこっちには来ない。
こちらから攻め用にもインド洋に足場になる領土が全く無く、オスマンの最寄り領土はスエズという有様・・・
この時点で和平できない時点で完全に失敗してます・・・

V2_149.jpg

で、そうこうしているうちにフランスさんが軍事介入
V2_150.jpg

フランスさんの介入でポンデシェリなどのインド領土を攻めることが出来て、アラビアのオスマン領まで進路はつながったんですが、その後イギリスさんが介入してきたので慌てて和平・・・

結局、ポンデシェリだけフランスさんに要求して終わりました
V2_156.jpg

明らかに最初から戦争目標が間違っていて、植民地の確保か、支配地域の独立を要求しておけば早急に決着できたんですよね・・・かなり惜しい・・・
まぁ、イギリスかフランスが戦争指導者で来ると思ってたところにオスマンさんが来て想定が狂ったんですけど・・・費やした労力の割に得るものがなくてあまりに勿体無い戦争でした・・・

で、その後、戦車や戦闘機や弩級戦艦(ドレッドノート)を生産して軍事力も最終局面になってきたので、リベンジとしてもう一度オランダさんに戦争ふっかけました。
戦争目標がまた頭悪いです
V2_167.jpg
で、直後
V2_168.jpg
今度はちゃんとフランスさんが戦争指導者です。
ちなみにオスマンさんは前回の戦争の後急激に力を落として大国から転げ落ちました・・・
V2_169.jpg
この時点では戦力は結構いい所。

まぁ、でも、当然というか
V2_170.jpg
最強国家の大英帝国さんが軍事介入してきましたーーー

ライバル助けに参戦してんじゃねーよ!と突っ込みたいところなんですが
日本はこの時無茶な領土要求や無茶な宣戦布告を立て続けにやった影響で「何をするかわからない危険な国」と認識されており、大国が続々介入してきたわけです
・・・中の人はプレイ時にそれを理解していませんでしたけどw

イギリスの介入で戦力はこんな感じに・・・
V2_171.jpg
意外にも単体ならイギリスより軍事力評価高いんですね

海軍ではたしかに圧倒している感じだしこれはいけるかなーと一瞬思ったんですが、その直後
V2_172.jpg

ポンデシェリに駐屯していた9万の日本軍に襲いかかるイギリス軍36万・・・・
要塞Lv5あるから余裕だろう、とこの時点では思ってました

その間に海戦は立て続けに発生し、こちらが圧倒
V2_175.jpg
V2_176.jpg

その甲斐あってか、参戦国も続々と撤収
V2_179.jpg

で、戦争の行方はポンデシェリでのイギリスとの殴り合いが決めることになりそうな流れになったんですが、インド中から続々と集まるイギリス兵・・・
イギリスなんて人的資源乏しそうに思えるんですけど、この時代はインド全土がイギリスでインド人はイギリス兵だし、オーストラリアもニュージーランドもカナダもイギリスなんですよね・・・
そりゃわらわら兵士が湧いてくるわけです・・・
V2_180.jpg

で、その兵力差だけでもやばいのに、あれだけあった塹壕補正がいつの間にか綺麗サッパリ無くなってました・・・
ええええ、Lv5の要塞どうなったの?!と中の人大混乱だったんですが、どうもこのゲームは要塞補正とかある程度戦ってるとなくなっちゃうみたいですね・・・キビシーです・・・
浸透戦術の影響なのか、戦車の影響なのか、そういうシステムなのかはよくわからないんですけど・・・

ちなみにこの時点では日本軍が毒ガス兵器と毒ガスマスク開発済み
イギリスは毒ガス兵器は開発済みだけど毒ガスマスク未開発だったようで、なんとか毒ガスで優位に立つ日本・・・ちなみにしばらくしてイギリスも毒ガスマスク開発して完全に対等になります・・・

それでも世界に散らばっていた兵力を全部かき集めてナントカカントカ撃退しました・・・
V2_184.jpg

イギリス軍も日本軍も死傷者数やばすぎます・・・
戦勝点も凄いのですが、やはり無茶な開戦要求が仇となって有効な和平が出来ず・・・
V2_185.jpg
当然即座に攻め直して来るイギリス軍・・・

一国の軍事力ならイギリスといい勝負だったし、和平行けるんじゃ・・・とおもってたんですが、いつの間にかイギリスさんの軍事力跳ね上がっていました・・・
あっちも弩級戦艦導入したのかもしれません・・・
V2_188.jpg

で、結局ポンデシェリで日本軍が全滅寸前になり、泣く泣く白紙和平・・・
V2_192.jpg

せっかく海軍力でアドバンテージがあったのに、陸上要塞の防衛に陸軍釘付けにされてしまったのが敗因でした・・・
全く海軍のアドバンテージを生かせず・・・
こちらのほうが陸軍が少ないのは解っていたんですけど、有利に戦えそうだと思っていた要塞があっというまに溶け落ちたのがショックでした・・・
とはいえ、こちらも守備隊を複数に分けていたので防御スキル無い将軍が指揮官になってたりとか失敗したところも数多く、戦訓は結構大きかったのが救いです。

海軍国のセオリーに従って上陸してきた敵の各個撃破と兵力の少ない拠点を狙って仕掛ければ十分勝てた戦争だったなーと思うわけです。

で、その辺の反省を踏まえて色々やり方を変えて3rdプレイも日本でやってたんですが
教育系研究をやり過ぎて却って維新の研究が遅くなったり
研究が終わってみたら国威不足で明治維新イベント起こせなかったりととにかく上手く行かず・・・
V2_203.jpg

さらに、維新前で海軍を全く用意してなかったときに、アメリカ合衆国&アメリカ連合国&コロンビアの連合が突然朝鮮に宣戦布告してくるというハプニングがあり・・・
海軍0で助けられず(同盟国だったのに)見限ったところ
V2_208.jpg
朝鮮がアメリカ合衆国、コロンビア、イギリスに分割されました・・・
これは正直スマンカッタって感じでした・・・
機を見るに鈍すぎた自分・・・

で、その後懲りずにまたロシアに宣戦布告したところ
V2_210.jpg
戦争中に国内で武装蜂起w

軍隊の中にも反乱軍側の兵が多くいて一部は反乱軍に負ける有様・・・

さすがにこれ以上継戦は無理って気分で一度ゲーム終了したんですが
「あの反乱部隊に首都制圧されるとどうなるんだろう?」
というのが気になってそこだけちょっと検証してみようと思いました。

こういう反乱側の部隊だけ選んで
V2_216.jpg
首都に集めてみる
V2_233.jpg
これもよく見ていなくて、反乱が起きたとき加わる兵士って書いてあったのに全力でスルーしてたんですよねー

ただ、この状況で待てど暮らせど宣戦しようと反乱が起きず、結局検証できませんでした・・・なんなの・・・

選挙の時の選択肢とか与党の選択が色々とまずかったんだとおもうんですけど、ここまで違うんだなーというのがまずびっくりでした・・・

この辺の戦訓を活かして4thはガチプレイをしてみようかなーと思いますので、また次回、時間ができたら書きます
スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/885-b351a473
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。