ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

仕事とか

木曜日(電車男の日)なのに、あえてスローダンスの話題を振ってみようかと思います(答えてくれる人はいませんが)

スローダンス、主人公は映画監督の才能を持ちながら、現実的には自動車教習所で教官として勤めていて、昔の彼女と偶然の再会をして縁をとりもどしつつ、別の人に強く引かれていくという話で、
最近流行りのさえない境遇の主人公系(?)だと思うわけですが、最近そのためか、見るたびに壮絶なダメージ食らってます・・・

自分をいろいろ納得させつつ、さえない仕事を続けるところに、結構共感してしまい、それを辞めてでも目指したいものが主人公にはあって自分にないというのがザックリ来るわけです。
(友人や女友達とかない部分はほかにも山盛りありますが)

数ヶ月前ですが、元ブルーハーツ(現ハイロウズ)の甲本ヒロト氏と、ある漫画家の対談で、甲本氏がこう言ってるのを読んで衝撃を受けました
好きなことを仕事にしていることをうらやましがられて少しむっとする、といった会話の後
「楽しいってことはね、「ラクをする」ということとは違うんだよ。「楽しい」と「ラク」は絶対に相容れないものなんだ。漢字が一緒だからみんなカンチガイしちゃうみたいだけどね。「楽しい」ことと「ラク」なことは、まるで違うんだ。」

俺の仕事、ラクではあっても楽しいわけじゃないな・・・と思ったとき、ほんとにデカイ衝撃を受けました。

確かに仕事に限らずゲームでも大変な物ほど面白いものなんですよね。
正直、この一言を読んだだけで大変でもやりがいのある仕事をできるようになりたい、と思ってしまったのは、久遠が影響されやすいからだけではないと思います。(人並みはずれて物の影響受けやすいですが)

ちなみに、あまりの衝撃の大きさに、翌日ブルーハーツのベストアルバム買ってしまいました(笑)

昔の知り合い(ここみてるのは1,2人・・・)はよく知ってると思いますが、久遠は小、中学生時代にブルーハーツの音楽をよく聞いていた(聞いていた、というのが適切かわからないけど)のですが、最近になって再び聞いてみるとあまりの名曲さに改めて感嘆するものです。

昔最も好きだったTRAIN-TRAINを始め、リンダリンダ、人にやさしく、終わらない歌、などなど・・・
特に人にやさしくの歌詞は心にガンガン突き刺さりました。

やさしさだけじゃ 人は愛せないから
ああ なぐさめてあげられない
期待はずれの 言葉を言う時に
心の中では ガンバレっていっている。
聞こえてほしい あなたにも


まぁ、ブルーハーツの飛び抜け方はいまさらいうのは恥ずかしすぎる事なんですが、先のセリフといい、ほんとに感動したんです。
世界を変える音楽ってよくいいますけど、ブルーハーツは確実に人間を変えることのできる力があったんだなぁ、と20年も経ってから思い知ったわけです・・・

自分が精一杯やれることってどんな仕事なのか、探してみようとおもってます。

しかし、相変わらず文字ばっかり、しかも超駄文の日記・・・
読んでくれる人何人いることだろう(汗)
スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/9-080c4ba4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。