ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[Vic2]日本 1836~明治維新まで

去年はもっぱらCiv5をプレイしていたのですが、ここ一ヶ月ぐらい久しぶりにヴィクトリア2をプレイしていました。
とは言っても、去年出た拡張キット版ではなく、前々からの無印版です。
拡張版の記事を求めてきた人いたらごめんなさい・・・
前にブログで書いたよなー、とか思ってたんですけど実際自分で書いたもの読んでみると初心者プレイの時の記事だけなんですねー・・・
ヴィクトリア2検索でこのブログに来てくれる人(運悪く来ちゃう人)は結構多いようなので、通常レベルのプレイ日記も書きたいなーという思いもあり、久々に重い腰を上げてみました。

国選択は日本。
V2_0313.jpg
自国ですし一般的に歴史を知っている人が多いのでこのゲームで一番遊びやすい国なのではないかと思います。

1836年は江戸時代真っ只中の日本で、ゲーム内の設定では「非文明国」となっています。
で、イベント「明治維新」を起こすことで文明国となることが出来るので、まずそこを目指すのが日本のセオリーになります。
V2_0314.jpg
明治維新の条件は特定の技術4個を研究すること、軍事力を40以上にすること、国威を10以上にすること、です。
このゲームでは別に武力倒幕とか要らないです。

国威は一回征服戦争すればほぼクリアできます。
軍事力40は結構厳しい数値なんですが、陸軍を目一杯雇って申し訳程度の海軍を作ればなんとか足ります。
残りの技術4種類なんですが、後装式ライフルが一番ネックになります
V2_0315.jpg
研究ポイント10800必要になるので、研究ポイントが10まで行ってても3年近く研究にかかるんですね。
1850年まで研究できないのでだいたい維新できるのは1852年以降ということになります。
ちなみに他2種類がこれ
V2_0317.jpg
V2_0316.jpg

この二つは研究ポイント3600で済むので、まず研究ポイントを増やす研究を行ってから1850年に間に合うようにとりかかります。
で、明治維新に必要且つ研究ポイント増加につながる「人権」をまず研究します。
V2_0303.jpg

人権その物は国力集中を1回増やすだけの効果なんですが、コレに続く技術に研究ポイントを増やす発明が付いているので重要なわけです。
もちろん、国力集中が増えることも超重要なので、一個目はこれで間違いないかなーと思います。

で研究以外にも時間を止めている間に色々やります。

V2_0304.jpg

まず政党(?)は「勤王派」を選択。
この段階の日本では「佐幕派」「勤王派」「自由派」が選べます。
佐幕派が反動主義政党、勤王派が保守主義政党、自由派が自由主義政党となっているので、さすがに反動主義は選べないわけで・・・
自由主義か保守主義かに選択の余地があるのですが、自由派だと税制の制限がきつい(高い税率がかけられない)、工場を自由に建てられないというデメリットがあるので、序盤は少なくとも勤王派にしておきます。
ちなみに自由派のメリットは社会改革が進みやすい、工場をいちいち管理しなくて良い、などでしょうか。
大国になるとこのメリットは大きいです。

あと輸送用帆船を9隻作っておきます。
V2_0301.jpg

このゲームでは大義名分のない戦争を仕掛けると「汚名」が増えるのですが、「汚名」は戦争をしていなければ毎月0.1づつ下がるようになっています。
なので維新までの15年間で20近くは下げることが出来るので、早い段階で一回征服戦争をしておけば維新までに汚名も下がるし、国威も稼げるし国力も上がるという訳です。
そんな理由で戦争するなんて完全にアレですけど、そういうゲームだからと思って割りきっていきます
で、日本は島国なので戦争には輸送船が必須→最初からある輸送帆船は1隻のみ→なので9隻生産というわけです。

あと予算画面で教育予算をMAXにしておきます。
V2_0300.jpg

行政、軍事なんかもMAXにしたいところですが、最序盤はお金が無い上に帆船作成でかなり出費が増えるのでしばらくは初期状態にしておきます。
あとは国力集中を人口の一番多い州に使います
V2_0334.jpg
人口が一番多いのは大阪で

選ぶ助成は聖職者。
V2_0335.jpg
聖職者の割合で研究ポイントにボーナスが入るので序盤の国力集中はすべて聖職者に使うようにします。

で、あと歩兵と砲兵を1ユニット生産予約して停止解除。

停止時に黒字になるように予算を調整しても、ユニット生産などで物資の仕入れが入ると一時的に予算が赤字になるので、序盤はこまめに税率を上げて資金がマイナスにならないように気を配るようにします。

税率はあげるのに心理的抵抗が生まれるのですが、このゲームは税率100%でも余りデメリットがないのでそれほど気にしなくていいような気がします。

あと忘れてましたが、指揮官の自動登用と自動任命も外しておきます。
V2_0336.jpg

自動登用すると将軍と提督にリソースが分散してしまうので、外して将軍だけ集中登用するようにします。
また、部隊の数に対して将軍の数は不足する上に、優秀な将軍がランダムに配置されると面倒でしょうがないので、基本将軍は戦闘に向かう直前に任命します。

で、輸送船10隻できたら最初の征服戦争です。
最初から9隻生産予約すれば同年の7月にはそろうかと思います。

久遠としては朝鮮かベトナムが最初の目標に向いてると思います。
朝鮮は4ステート(州)国家なのですが、一回の戦争で征服が出来るので文明国になってから租界を要求していくよりお得になっています。
ベトナムも3ステート国家なのですが征服なら一発でいけます。
そういう条件ではビルマも美味しいのですが、ビルマは戦力が多く地形も険しく難易度が高めなので今回は朝鮮併合で行ってみます。

V2_0305.jpg

大体一年目の朝鮮軍はここにいることが多いです。この他に18000の部隊がもう一ついます。
とりあえず宣戦布告し・・・
V2_0306.jpg

V2_0337.jpg

とりあえずこんな感じで上陸。
相手ユニットがいる清津の隣に9000人を上陸、そのとなりに21000を上陸させておいて、9000に18000が攻撃してきたら即21000を援軍に向かわせるって作戦です。
初期の日朝は軍事技術に大差がなく、軍事的なアドバンテージは殆ど無いので、無理に上陸強襲などをかけずに誘い受けで戦います。


このやり方だと沿岸の州が多い朝鮮やベトナムではとても楽に戦えます。逆に海が殆ど無いビルマでは苦労するわけですね。
本来であれば包囲殲滅(戦闘をする際隣の州にすべて自軍ユニットがいるようにして敵の逃げ場を無くすことで、一度の戦闘で敵を殲滅するやりかた)で行きたいのですが、しょっぱなのこの戦争では兵力差が殆ど無いので無理に包囲しないほうが無難です。
双方非正規兵で軍事技術も低いので倒せばごっそり兵士が減りますしね・・・

で、部隊を下ろした輸送船はもう一度本州に戻って残りの部隊を輸送しておきます。

初戦はこんな感じ
V2_0339.jpg

あとは合流した敵軍を攻撃しつつ、周囲を包囲して一気に殲滅を狙います
V2_0340.jpg

敵の主力を概ね叩いた後はユニットを3000人毎に分割して全領土を一気に占領していまえばおしまいです。

ただし、朝鮮軍も輸送艦隊が少数いるため、小笠原あたりに上陸作戦を仕掛けて来ることが多いです。

いずれにしても寡兵なので本土の主力を倒したあとで輸送して攻撃しておけば全軍スムーズに倒せます。

そんなこんなで開戦からほぼ1年で終戦。
V2_0308.jpg
V2_0309.jpg
非正規兵だけなので占領に結構時間がかかりました。
研究に余裕が出たら騎兵の研究も進めて占領専用ユニットを作っておくと捗るのですが、維新前は研究に全く余裕が無いのでダメですね。
あと、済州島の占領を忘れていたので多少余計に時間がかかりました。
朝鮮ではここだけ島ステートなので面倒です。

ちなみに朝鮮を併合すると人口は大幅に増えるので収入、徴兵可能人口は大幅に増えるのですが、識字率は落ちるので研究的にはかなりマイナスになります。(今回40→31まで下がりました)
維新を最速でする事を考えると余り良いとは言えないのですが、征服の場合植民地ではなく自州として持てるので、維新後すぐに工場を建てられるのは大きいメリットになります。
この辺どっちをとるかは悩みどころです。
ちなみにこの時点での研究ポイントはこんな感じ
V2_0310.jpg
識字率がとても高く設定されてる日本は研究面でかなり優位になっています。
で、さらに上げていくには伸ばしやすい聖職者の数と多元主義を上げるのが効果的なわけです。

そんなこんなでゲーム開始から2年1ヶ月でようやく最初の研究が完了
V2_0341.jpg

2番目の研究は同じツリーのイデオロギー思想を選択。
この研究で多元主義が上がる発明が大量にでるのですが、発明は研究が終わったあとランダムに発生するので早めにやっておきたいわけです。
V2_0342.jpg

で、この期間はやれることが少ないので、少しづつちまちまと兵力増強を行います。

久遠はだいたい、歩兵5騎兵2砲兵2工兵1で部隊を組むので、この段階で作れる歩兵(正規兵)と砲兵を作っていきます。
人的資源の許す限りめいっぱい徴兵したい所なのですが、この段階では税収が厳しい事と、いっぺんに生産予約を入れても物資が集まらなくて作れない可能性が高いので1ユニットづつちまちまつくります。

砲兵と歩兵は必要な物資が違うのでその時物資が集まる方を優先してつくっていく感じです。
序盤は砲兵は作り易く、歩兵は小火器が手に入らなくて生産できない傾向があります。後ほどロシアの影響下に取り込まれると酒が集まらなくなり砲兵が作れなくなることが多々ありますので作れるうちに作れるだけ作るのが重要です
あと中国から同盟の提案があったら受けておきます。
後々じゃまになるのですが、かといって受けておかないで維新前に朝鮮領に攻め込まれると結構な被害が出るので馬鹿にできません。

維新がなってある程度陸軍が近代化されたら同盟破棄しておけばOKだと思います。

1842年にイデオロギー思想が完了。
次は1840に解放された観念論を研究します。
V2_0343.jpg
哲学ツリーの研究はダイレクトに研究ポイントが増えるので最重要です。
よっぽどのことがない限りまずこれを研究していきます。

研究中、イデオロギー思想のおかげで多元主義がガンガン上がります
V2_0344.jpg

他に西洋化のイベントが来たら研究点を重視していきます
V2_0345.jpg
V2_0346.jpg

この段階で研究ポイントはこんな感じ
V2_0347.jpg

今回はかなり研究ペースが早いです。

観念論完成時でだいぶ1850年が近くなったので、取引の自由を研究。
V2_0348.jpg

今回は西洋化のイベントがたてつづけに起きてかなり研究ペースがよくなったので、ナポレオン~をやる前にマルサス理論も研究しておきました。
マルサス理論→ナポレオン戦争後の軍事理論と研究し1848年に前装式ライフルに着手
V2_0351.jpg

このあたりから維新が近いので工業用材料お備蓄量を増やしておくと工業化がスムーズでいいです。
とりあえずは工場建設に使うセメント、鉄、機械部品を各100個ぐらい備蓄にしておきます。
備蓄するときは「POPや工場が国の工場から購入することを認める」にチェックするのも忘れずに。
しないと逆効果になります。
他に買えるうちに酒、ワイン、小火器あたりを備蓄しておくのもおすすめです。

ただ、備蓄量を増やしすぎると毎日備蓄量×金額だけの収入と出費が出るバグ?があるので要注意です。
備蓄を増やすとバグはさけられないので、備蓄で使う金額より資金が少なくならないように気をつける必要があります。
これを下回ると自動的に借金されてしまうので気がつくと利息で首が回らなくなることもあります・・・

財政は基本的に赤字は税率アップで埋めて、税率が高くなったら商業&工業の技術を上げて収入を増やす・・・という感じで回していくのですが維新までは余計な研究する暇はないので・・・ひたすら税率を上げてしのぎます

なんか今回はかなり高速で維新に向かってたんですが、なんか凄いイベントメッセージが来ました
V2_0352.jpg
1851年にイタリア統一とかはじめてみました。今回かなり荒れそうな気がします・・・

このあたりから小火器がスムーズに買えるようになってきたので正規兵を増産してます。
で非正規兵は解散して人的資源に戻しておきます。
これでかなり軍事力が増えるので41を越えるようにしておきます。
(足りない場合は軍用艦を生産)

そんなこんなで1852年末に後装式ライフルの研究が終わり、維新条件を達成
V2_0353.jpg

1852年中の文明化と相成りました
V2_0354.jpg

維新をすることで工場建設が出来るようになるほか、研究にもボーナスが付くのでここからが本格的なプレイという感じになります。

次回、維新後~準大国入り当たりまでを書いてみる予定です




スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/907-24045daf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。