ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[Vic2]Victoria2 日本大国入り~入植開始まで

前回で唐突の大国入りを果たしてしまった日本。
工業化と軍備の近代化と植民地政策の推進の取捨選択を迫られる日本をお送りします。
初回記事はこちら
前回記事はこちら

大国入りの直後「鉱業の機械化」の研究が完了。
この時点で1段階目の研究は8ヶ月程度で完了するようになっています。

製鉄所を建てられるようになったので鉄が取れる地域に建てておきます。
V2_0403.jpgV2_0404.jpg
V2_0405.jpg

鋼鉄はあまり需要が高くなく、時代がたってもそれほど儲かるものではないのですが、広く需要はあるのでとりあえず建てておきます。
V2_0406.jpg

次の研究はかなり悩ましいのですが、国粋主義と帝国主義を選択することにしました
V2_0402.jpg

国力集中の回数アップで聖職者の数を増やすと同時に植民地政策への第一歩です。

で、この間財政は赤字続きで軍拡も行えず、かと行って他にできることもないので工場の増築を行いつつ進行速度を上げてガンガン月日を進めます。

で、2年ほどで「国粋主義と帝国主義」が研究完了
V2_0407.jpg

次は医療を上げて植民地政策を進めるところなのですが、その前にすっかり忘れていたアレを研究
V2_0408.jpg

軍港ないと海外植民できないですしね・・・

国粋主義~よりこっちを先にするべきだったような気がものすごくします。
果たして択捉植民は間に合うかどうか・・・

ちなみに軍港が必要なもうひとつの理由
V2_0409.jpg

これ、ダイナムとの戦争の時の航海で損耗した輸送船なんですが、終戦から3年経ってもちっとも回復してないんですね・・・

軍港無いと船がほとんど回復しないのでそういう点でも必須なのです。

ちなみに軍港Lv1でも回復量はたかが知れているのでまともな海軍を作るならLv2以上が必須だと思います。
まぁその前に汽船の技術すら日本にはないので・・・早急に何とかしたいところです

そういえば、エジプトに発掘許可を求めるイベントが出ていたのでやっておきました。
V2_0415.jpg

汚名の回復が遅くなるのがデメリットですけど・・・

結果は成功
V2_0410.jpg

早いところ海軍技術も進めてエジプトにも接近したいところです。

1858年に軍港の研究が完了
V2_0411.jpg

軍港は植民地の足がかりとして根室や沖縄、サイゴンや小笠原に作っておきます。
V2_0413.jpgV2_0414.jpg

他に鹿児島やヴィンロン、光州等の軍艦を待機させたいところにも作成しておきます。
ていうか軍港建設画面よく見たら、建設終わるまで3年もかかるんですね・・・
完全に順番ミスりました・・・

気をとりなおして次の研究は「基礎科学」を選択。
V2_0412.jpg
狙いはもちろん次の「医薬」です。

ていうか、教育関連で一個すっ飛ばしてるツリーがあるのでそれも気がかりなんですよね
V2_0416.jpg
文化の社会科学ツリーなんですが、これ教育効率が10%上がるのと植民地への移住が進む分野なんですが
4段階目にある「生物学主義」で教育効果が一気に上がる発明があるのでここまでは進めておきたいんですよね。
教育効果は目に見えた効果はないんですが20年40年後を考えるととても重要なので・・・早く研究したいのです・・・

他にもう一つ
V2_0417.jpg
海軍の造船ツリー。
2段階目で汽船工場の建設と輸送汽船の使用、3段階目で砲艦と装甲艦の作成が可能になるのです。
「装甲艦」はいわゆる20世紀初期の戦艦のイメージです。
戦艦も早めに作りたいですし、その前の輸送汽船も欲しいのですが、それ以上に汽船工場はこのあと100年間ひたすら儲かる工場なので内政面からも建てておきたく・・・

ほんとに取捨選択に悩みます。

ここで製紙工場の発明が発生
V2_0418.jpg

製紙工場は材料木材だけで作れて高く売れる優秀な工場です。
とりあえず製材所があるステートに建てるべきなのですが、現在ちょっと大阪で労働者が余り気味なので大阪にも建てておきます。
V2_0419.jpg

「基礎科学」の研究もサックリ終わり、「医療」に着手
V2_0420.jpg
基礎科学では肥料工場を作れるようになりますが、農業大国というわけでもない日本にはあまり必要ではないですしこれはスルー。

で、ずいぶん前に大国入りしたのに、久遠すっかり大国の影響度駆使するのを忘れてました

大国になると「勢力圏」というのを構成できるようになっています。
勢力圏に入った国は同盟と通行許可の提案をほぼ100%受け入れてくれることと、勢力圏内では物資が関税なしで優先的に売買される特徴があります。

なので工場で生産した生活必需品を売り込んだり、原材料を他の大国に買われる前に買えたりするわけです。
汚名システムのために無尽蔵に戦争は行えないので周囲の国はこのシステムを使って勢力圏に取り込んで恭順させていくわけです。

で、一国目はアジアの中堅国シャムを選択。
V2_0421.jpg

イギリスに取り込まれる前に取り込みたいところです。
勢力圏は「同じ大陸にある」「隣国である」でボーナスを受けるので、ベトナムを支配して隣国状態のシャムにはかなり有利に勢力圏を確保できます。

なんてのんびりしてたらなんか中国がポルトガルに戦争ふっかけました
V2_0422.jpg

なんか今回の中国は近代化のイベントもガンガン起こすしやたらアクティブです。
戦争はケニア植民地の確保になっているんですけど、どうなることか・・・
中国軍、技術は劣ってても数はとんでもなくいるのでこの時期はまだ十分に強いんですよねー

で、医薬の研究も終わり。
V2_0423.jpg

次は快速帆船の研究をしておきます
V2_0424.jpg

で、進めていたら、発見と中国の革新イベントが同時発生
V2_0425.jpg

今回の中国はどうなるかホント期待です。
とか言いながら、こっちの陸軍技術上がったあとは大義名分次第で切り取りたいとか考えてるんですけど。

で、生活水準が下がる発見あっと言う間に出たので嬉しいのですが、早すぎです。
V2_0426.jpg
軍港まだできてないよーーーー

まぁさすがにまだロシアは植民進めてこないだろうし、軍港完成まであと1年半待つことにします。

で、そんなこんなで待ってる間にシャムを勢力圏に追加。
V2_0427.jpg

しばらく勢力圏操作忘れてたこともあり経済圏が貧弱すぎますし・・・
ちょっと気合入れて勢力圏築かないとなー、というところで、今回はここまで。

次回は植民に着手したいところです。


スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/910-3866437b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。