ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[Vic2]アフリカ植民開始

Victoria2無印版 日本リプレイ日記の9回目です。
毎日更新をどこまで続けられるかも地味に挑戦中です

シリーズ初回記事はこちら
前回記事はこちら

さて、前回はポルトガル植民地のベンゲラを奪ったところ。
1869年の12月なんですが、ここで実験的鉄道の研究が終わりました
V2_0546.jpg

んー、あと一ヶ月遅くても良かったんだけどなー・・・というところですが
1ヶ月研究しないで待つのももったいないので騎兵の研究を行うことにします。
V2_0547.jpg

で5ヶ月でその騎兵の研究もすんなり完成
V2_0548.jpg

騎兵をベトナムで20部隊ほど生産しておきます
V2_0550.jpgV2_0551.jpg

このゲームの陸軍ユニットにはいくつかステータスがあるのですが、騎兵はそのうち偵察と機動に優れています。

偵察は敵軍の弱い部分を見つけたり、占領を行う速度に関わるステータスで、高いほど効率的に弱い部隊を攻撃したり、早く占領を行ったりしてくれます。
1ユニットずつバラケさせて戦闘中の敵部隊の周りや戦闘の終わった敵地に分散させれば戦争期間をぐっと短縮できます。
欠点は維持費の高さと脆さでしょうか。動きが早いせいか大軍同士の戦いの中で真っ先にあっという間に死んでることが多々あります。

ま、それはさておき次の研究は機関銃です。
V2_0549.jpg

この研究が終われば念願のアフリカ植民開始です。
なんでアフリカ植民に機関銃が必要なのかは想像を巡らせていただきたいと思います。

しばらく前から戦争をしていたスペインがイエメンを併合
V2_0552.jpg

今回アラビア半島はスペインが押さえていくみたいです。

待ち遠しくてゲーム速度最速にしてたせいか、特に書くこともないまま機関銃の研究が完了。
イベントが起きてもSS取るのをすっ飛ばしてる気がしますがたぶん気のせいです。
V2_0553.jpg

軽火器の技術ツリーは軍隊の正面幅(同時に戦闘する人数)を少なくし、陸軍全体の守備力も上げてくれる優秀な技術なんですが、日本でプレイしている場合維新と植民で研究が必須になってくるので陸軍は余り意識しなくてもそれなりに強化されているというのが有り難いところです。

次の技術は70年に同時解放されていた哲学ツリーの分析哲学
V2_0554.jpg

なんと研究ポイント+100%です。
とはいっても、現在の日本6ポイントちょっとのベースポイントが350%されて今の値になっているので、25が2倍になるのではなく、+6されて31ぐらいになるイメージですね。
そうは言ってもこの6ポイントはバカに出来ないです。毎日6ポイントですしね。

で、機関銃の研究が終わったので、念願のアフリカ植民開始です。
まず、ヘリが落ちたり海賊が跋扈してたりとなにかと物騒なアフリカの角ソマリランド。
この時代のこういう行為が元凶だと思うのですが、躊躇せずに植民します
V2_0555.jpg
ここを押さえればアチェからインド洋を渡るのもだいぶ楽になりますし、スエズ運河が出来れば地中海への中間地点にもなります。
ついでにエジプトとも隣国になるので何かと便利な地域です。

あとベンゲラの南の地域ヴィントフーク
V2_0560.jpg

中央アフリカ南カメルーン
V2_0559.jpg

北アンゴラ
V2_0557.jpg

東南アジアボルネオ島のミュラリーブの5ステートに植民開始します
V2_0558.jpg

で、ここでポルトガルから同盟の提案
V2_0562.jpg

大義名分が出たらむしろ攻めたいので悩みましたが、まぁいざとなったら解除すればいいだろうということで承知。
V2_0562.jpg

でここでようやく小火器工場の発明をゲット。
なんか10年以上発明でなかった気がします。
V2_0563.jpg

ここのところ小火器が日本では入手困難になっているので早速工場を建設。

あとなんかオランダとフランスが同盟解除してました
V2_0564.jpg

オランダとフランスって隣国なので普通いっつも同盟組んでるんですけどかなり珍しいような・・・?
同盟国がいなくなったら襲いたいところですけど、残念ながら世界一位さんが守っているのでアンタッチャブル。
V2_0565.jpg

で、同盟したばっかりだってのに、ほんとに起きました
V2_0567.jpgV2_0568.jpg

最上級の大義名分。ステートの獲得要求。
おっし、これは早速同盟解除して宣戦だー・・・・と思ったのですが、ポルトガルの外交画面見たらそういえば休戦協定の最中でした・・・
さすがに休戦協定破棄して同盟解除してステート要求はマジキチ過ぎるのでやめておくことにします。

ここで分析哲学の研究が完了
V2_0569.jpg

一日あたりの研究ポイントが32まで跳ね上がりました。

次は生物学主義を選択。
教育力(識字率の上昇率)を上げます。
V2_0570.jpg

今度は植民地の獲得の大義名分が発生しました。
・・・ただし相手はメキシコ・・・

V2_0571.jpg

大義名分はうれしいけど流石に遠すぎるし地政学的にメリットが薄いのでこれはパス。
スペインだったら嬉しかったんですけどねー

あと、勢力圏に組み込んだダイナムで反乱が勃発していたので、通行権をもらいこれを殲滅
V2_0572.jpgV2_0573.jpg


多分「領土の三分の二を奪った日本と同盟をするとは何事か」って感じなんでしょう・・・
損害も出るし手間でもありますが、ほっておくと革命が起きて外交関係が解消されちゃうので対応しないわけには行かないのです。

ここで生物学主義の研究が完了。
V2_0575.jpg

教育関連の研究は一段落したので、次は交換可能部品の研究を行います
V2_0576.jpg

実は日本、機械部品の供給が枯渇して工場運営が危機的な状態になっていました
V2_0578.jpg

80個近い需要があるのに一日に入ってくるのは0.1個とかそんな状況。
手遅れ的なやばさです・・・

あと、偶然自由派が上院の50%を上回ったので、すかさず政治改革を行いました
V2_0579.jpg

地主しか参加できなかった選挙(投票)にお金持ちなら誰でも参加できるように改革。
結構望んでる国民が多かった(特に海外地域に)のでこれでだいぶ反乱発生率が下がりました。

そんなところで、ソマリランドへの植民が完了
V2_0580.jpg

5箇所同時に進めているせいか、4年近くもかかりました。
このペースだと次の植民中にイギリス、フランスあたりは植民開始しそうな気がします
なにはともあれ、ジャパニーズアフリカの第一歩です。

次はカメルーンの南部、ガポンに入植開始。
V2_0581.jpg

さらに、続々と植民完了連絡が
V2_0582.jpgV2_0583.jpg
V2_0584.jpgV2_0589.jpg


南アフリカはボツワナとナマクアランドへ植民。
V2_0585.jpg
V2_0586.jpg

ケープから北上して植民してくるイギリスはまだ植民し始めてないのでこれでケープ周辺だけに押し込めます。

カメルーン周辺は南の海岸線を埋めつつ、ソコトの領土に沿って北東に植民地を伸ばします。
ソコトの東、エジプトの南に前線を作るのが当面の目標。

ここで進化論の発見報告
V2_0588.jpg

教育効率が一気に50%跳ね上がりました。
これで識字率は月に0.05%上昇するようになったので、2年で1上がる計算です。
ゲーム終了まで残り60年ほどなので30は上がる計算。
日本の場合研究力は最後まで足りないと思うので少しでも高める事が必要です。


あとなんか、ソコトで大義名分が発生しました。
V2_0587.jpg

いわゆる文明国の大使が非文明国で無礼を受けたってやつ。
これ、イギリスとかアメリカが日本でうけたイベントだと思うんですけど・・・皮肉ですね・・・

とりあえずソコトとは地続きになったことだしサックリ使用しようかと思います。

あと植民地を一気に確保したため国威が急上昇しまして、結果、世界第七位の大国になりました
V2_0591.jpg

維新後大国になってから20年ずっと8位だったのでこれは大きいです。
これでしばらくは大国落ちの心配もないですし。

で、なんかまた国境事件。しかもまたポルトガル・・・
V2_0592.jpg

休戦協定も終わったし、同盟国もないし、コレを逃したらさすがにもったいなさ過ぎます。
のでサクっと同盟解除。
V2_0593.jpg

といったところで、今回はここまでにしておきます。

次回、対ソコト戦争&ポルトガル戦争をお送りします

スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/915-154b3520
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。