ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

[Vic2]ジャパニーズアフリカ

Victoria2無印版 日本リプレイ日記の12回目です。

初回記事はこちら

前回、ビシャーズを守るという名目で戦争に参加しながらちゃっかりルソン島を奪った日本。
1879年からプレイ再開です。

V2_0657.jpg

そろそろ20世紀も近いのでここいらで石油の備蓄を開始しておきます。
石油、この時点でも世界で産出されているのですが、需要はほぼ0に近いです。
なんでかというと精製技術が世界にまだ無いからで、この時点ではただの黒い燃える水なのです。
ってことで、安くて買いやすい間にMAX備蓄しておいて精製技術でたら一気に燃料で儲けようと企んでいます。

命令の絶対性の研究が終わったので、次は軍事計画の研究。
V2_0658.jpg

これが出来ると竜騎兵を作れるようになります。
竜騎兵っていうのはドラゴンライダーじゃなくて銃もった騎兵の事ですね。
火器(火を吐く物)を装備した騎兵なので竜騎兵ってわけです。英語でもドラグーンですしね。
普通の騎兵は戦闘で使うとあっという間に摩耗しますが、竜騎兵、重騎兵は歩兵以上の戦闘力で戦ってくれる上に騎兵のメリットをしっかり持っているのでとても重宝します。

ここでオーストリアとハンガリーが二重帝国になりました。
V2_0659.jpg
アウグスライヒですねー

オーストリアもシレジア戦争から第一次大戦までとにかく波乱万丈の100年なのでプレイすると面白そうです。

で、あっというまに軍事計画の研究完了
V2_0660.jpg

1880年代に入ったので解禁された哲学ツリーを研究します。
次は現象学と解釈学ですね
V2_0661.jpg

軍産複合体のデメリットがあるので必要ポイントは2万です。
一日34の研究ポイントなので588日。ほぼ2年かかっちゃいます。

ここいらでなんか立て続けに植民地で資源発見イベントが起きました
V2_0663.jpgV2_0664.jpg

幾つかある候補地の産出品が貴金属や石油、ゴムなんかに変化するイベント。
とてもありがたいイベントですが石油も2箇所ぐらいで出て欲しいところ。

スエズ運河ができてからずっとアメリカさんにお願いしていたのですが
V2_0665.jpg

やっとアメリカ領の通行許可が降りました!
これでスエズ運河もパナマ運河も通り放題です。
これでヨーロッパが一気に近くなりました。
これ失うとかなり痛いので極力アメリカとは事を構えないようにします。

でバス・コンゴへの植民が完了
V2_0666.jpg
これでコンゴ沿岸はすべて抑えることができました。
アフリカ沿岸で開いてるのは象牙海岸、黄金海岸のみとなっています。
次の植民先はそのひとつダホメ。縦に長い地域なので前線にするにはうってつけです。
思いの外ヨーロッパ諸国の植民が遅かったので前線をここまで伸ばすことにします
V2_0667.jpg

立て続けに北ニューギニアへの植民も完了
色が良く似ているので紛らわしいですが、西半分はゲーム開始時からオランダの植民地域です。
V2_0668.jpg
次の植民地はアフリカラゴス。ダホメの隣です。
V2_0669.jpg

狭いし資源も微妙ですがとにかく人口が多いので国力には十分なります。
普通このころにはイギリスやフランスが押さえに着てるんですが今回本当に遅いです。

でウォリーへの植民も完了。そのとなりベニンを押さえに入ります
V2_0670.jpgV2_0671.jpg

ここで哲学の研究が完了
V2_0672.jpg

研究力も40まで上がりました。
ゲーム開始時の10倍です。

次の技術は有機化学を選択。
もちろん狙いは燃料精製所の発明です
V2_0673.jpg

燃料はこの次の世代の軍隊に必須なので可能なかぎり早く作れる環境を整備したいのです。
工場は建てるのも拡大するのも時間がかかりますからね・・・

で南ニューギニアへの植民も完了
次は北カメルーンです。
V2_0674.jpgV2_0675.jpg

北カメルーンはソコト領地の南北に分かれてあるので、北の領土が欲しいので南に植民しておくわけです。
植民は1プロヴィンスに成功するとその州がまるごと手に入るのでガンガン進むのがいいところです。

あとここで資源入れかわりの報告。
V2_0676.jpg

この時点でゴムは利用価値0なのですが、後ほど急激に需要が高まります。

ウォワへも植民完了。次の植民先はウォワの北のマセーニャ
V2_0677.jpgV2_0679.jpg

あとドイツからも軍の通行許可をもらいました
V2_0680.jpg

現時点では需要がないですけど、後々役に立つかもしれないということで・・・

有機化学の研究も完了
V2_0681.jpg

次は鉄製の線路を選択しておきます
V2_0682.jpg

この時点でのアフリカ植民地はこんな状況
V2_0678.jpg

植民地獲得競争、日本独走状態。ジャパニーズアフリカかなりでかくなりました。

他国が早めに参入してくる沿岸部は抑えたのであとはじっくり内部を獲得していく予定です。

そんなところで今回はここまで。
次回もアフリカ植民が続きます。

スポンサーサイト
B!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://toudoukuon.blog18.fc2.com/tb.php/919-9114edc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。