ぶろ久゛遠

藤堂久遠のダメ人間日記

« NEW   OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B!

パトリシアン4 プレイ日記10回目 議長就任後

パトリシアン4 プレイ日記の10回目です

一回目はこちら

前回のプレイでChairman(議長)にランクアップしたKuontoudou氏ですが・・・

Chairmanになった影響で、海賊の数が一気に増えてしかもかなり強くなりました
Patrician4_323.jpgPatrician4_348.jpg
Patrician4_358.jpgPatrician4_359.jpg
※画像はクリックで拡大表示できます

これまでみたいに楽勝で船獲得とはならず、1隻獲得で1隻失う、などのケースも出てきました。
かなり本気で望まないと損失のほうが大きくなるのでここらへんから海戦にとられる時間が増えてます

また、海戦が多くなったので戦闘用艦隊も2艦隊作り船員も常時300人以上雇っています。
2船団同時に海賊が出ることも多いのでこうしておかないと後手後手になってしまうのです・・・

また、地中海貿易は3港目の都市を発見。
Patrician4_324.jpg

地中海の都市の産出はワイン、布、香辛料の3種類でそのうち2種類が1都市から産出することになります。
いずれもバルト海では産出の少ないものなので一回の地中海貿易で2~5万ぐらいの利益となります。
ただある程度間隔をあけていかないと買える特産品も減ってしまうので1都市1船団を常に往復させるぐらいが丁度良いです。
また、地中海で需要が高いのは鉄製品、ピッチ、毛皮の3種類でこれも都市毎に買い取ってくれる2種類決まっています。
2種類を提供し続けると徐々に地中海都市も成長し、貿易可能量が増えてくるので余裕が出てきたらこの3種類の量産も目的になってきます。
とりあえずこの段階では鉄製品も毛皮も貴重なので、あまり気味なピッチだけを持っていっています。

Patrician4_365.jpgPatrician4_367.jpg

一回の取引はこれぐらい。
ピッチの売却価格はバルト海と大して変わらないです。
香辛料は900~1000で売れるのでこれを単価200程度で50樽も仕入れてくれるのがありがたいところです。

新たな地中海船団を作って送り出したんですが
Patrician4_336.jpg
Malmeの港がすんごい混雑っぷりになってました
1隻の表示が1船団で全部久遠の船団なんですがこれだけ集まると壮観です
現在20ある各町にすべてMalmeから貿易船団送ってるからそうなってるわけですね
Patrician4_341.jpg

所有してる設備や船を確認すると・・・
Patrician4_354.jpgPatrician4_355.jpg
この段階で、所有している船は57隻、地上取引の馬車が5台。
自動取引のルートは19個で船団や馬車団の数は27個となります。
さらに所有している生産施設は112個、住居は21個、倉庫は33個となっています。
直近10日の損益は8万の損失。直近30日の損益は63万の利益。
利益はギルドの権利購入や設備増強で目減りするのであまり当てにはできないのですが、指針としては結構大事です。

取り引き事務所建設のときは所持金よりもバランスシートを確認してやったほうが何かと安全です・・・

そうそう、chairman昇格直後にでた交易路のクエストがあったのですが
Patrician4_327.jpgPatrician4_330.jpg
ベルリンとの交易路がつながりました!
いわずと知れたドイツ首都ですね。
Patrician4_331.jpg

町情報はこんな感じ。
生産資源は麻、小麦、鉄、洋服でビールが特産品です。
現代では350万人の暮らす大都市もこのゲームでは人口1000人の小さな都市です。
洋服の生産もおいしいのですが、一番大きいのは鉄製品を作るLubeckやRostockの近くで鉄産出都市というところではないでしょうか。
現状Rostockからしかいけないので不便ですが、後々に期待・・・とか思ってたんですが

Patrician4_334.jpgPatrician4_335.jpg

次に出た商用路整備でいきなりLubeckとつながりました・・・
神商路やないですか・・・・

Patrician4_361_20131227141905a8e.jpgPatrician4_362.jpg

しかもその後のクエストでRostockとLubeckがつながりまして、馬車による三角貿易が可能となりました。
さすがにRostockとLubeck間は現時点で不要ですが、当面Lubeckから布、肉、魚肉、チーズを運び、ベルリンから鉄と洋服を持ち帰る交易を行うこととなります。

ちなみにこの時点でメクレンブルグ公爵領の交易路は6/13が整備されました
Patrician4_368.jpg

まだ半分以上残ってるのがすばらしいです。
新しい町は当初人口も少なくメリットも小さいのですが、交易品の組み合わせが独特だったりするので発見していくのは楽しいところです。

その後、地中海貿易の船団が新都市を発見
Patrician4_340.jpg

シチリア島のパレルモですね。

ハンブルグとの交易船団の船長が育っていたので、新規貿易船団を作り船長交代で早速送りだします。
Patrician4_342.jpg

残る地中海の交易都市も一箇所です。
果たしてどこが出てくるのか・・・

また、このころイベントが起きて、子供が生まれました
Patrician4_343.jpgPatrician4_344.jpg

子供の名前は・・・ジュリアンナですかね?
なんか若干結婚日との計算があわない気もしますw

ゲーム開始が1370年4月なのでゲーム内年月は一年半ほどです。
丸二年経過したら財産の変異とかバランスシートとか見てみたいところです。

Malmoは生産設備と住居と倉庫の建設が多く、町が手狭になったので城壁の拡張工事が始まりました
Patrician4_345.jpg

新規の城壁がぐるっと町を覆うと古い城壁城門は撤去されて居住可能エリアがぐっと広がります。
また、こうして新しい城壁ができるとそれまで作っていた農場や牧場が城壁の内側に入るので君主に攻め込まれたときも生産が止まる恐れがなくなり生産がとても安定します。

城壁の完成は1372年になりそうです。
そんなところで今回はここまで。11回に続きます



※Steamでダウンロード購入もできます
B!

パトリシアン4 プレイ日記9回目 地中海貿易

パトリシアン4プレイ日記の9回目です。
一回目はこちら

このゲームは船団を作成すると自動的にキャプテンが任命されるのですが、船団のキャプテンは航海や取引を行った量に応じてレベルが上がっていくようになっています。
レベルは戦闘、航海、取引、修理とあり、それぞれ効果があるのですが、その中の航海がLv3以上になると地中海遠征貿易を行えるようになります
Patrician4_282.jpg

OsloとMalmoを自動航海していた船団の船長が航海レベル3になっていたので、この船長を使って地中海貿易船団を作ることとします。

適当なCog一隻をそれように用意して、キャプテンを移動させます
Patrician4_283.jpg

あとはホームタウンのギルドで地中海貿易の許可をもらいます
Patrician4_284.jpg

許可をもらったら、船団を地中海に派遣します。
ロンドン南の矢印に行き先を指定すると・・・
Patrician4_285.jpg

どこの都市と貿易するか選択できます。
Patrician4_286.jpg

Suezってなってますけど、場所的にアレクサンドリアですね。
帰還する港を選んで出航です。
Suezの場合、鉄製品と毛皮が売れて、胡椒と布を買えます。
いくらでいくつ買ってくるかは町の状況と船長しだいなので期待して送り出します。

地中海貿易は最初1都市だけですが何度か派遣しているうちに他の都市を発見して来ます。
最大で5都市と貿易できるようになるのですが、実際都市の場所はかなりの数があり、どの都市と貿易できるかはプレイ毎にランダムとなります。
都市を発見するころには他の自動航海をしている船長も育って航海レベル3となると思うので都市発見にあわせて船団を増やしていく予定です。
地中海貿易は目的の都市に向かって取引して帰ってくるという流れなので、目的の都市数分だけ派遣船団を用意したほうが効率的なのです。

で、資金的にも余裕が出てきたのでそろそろ4都市目を作りたいところです。

この段階で拠点にしている都市で生産できない交易品は
蜂蜜、布、洋服、ピッチ、毛皮、塩漬け肉、ワインの7種類。

地中海貿易も開始したことだし、ここは布を生産できるロンドンに新拠点を作ってみます。

Patrician4_293.jpg

ロンドンのメリットはなんと言っても羊毛と布両方生産できる点です。
布は材料として羊毛を使用するので、両方生産できることでかなり効率的になります。

地中海から戻った際最も近い都市というのもメリットです。
Patrician4_294.jpg

4都市目の権利は17万ちょい。
だいぶ高くなってきました。
権利購入後は取り引き事務所と倉庫を建ててておきます。

他に生産品と特産品の権利ですが・・・
ロンドンは布が特産なので一気に両方獲得しておきます
Patrician4_299.jpg

権利二つで14万、全部まとめて31万・・・お高いです。

ロンドンでは羊牧場2個と布製作所2個を建設
Patrician4_301.jpgPatrician4_302.jpg

人数最大まで雇うと羊牧場1個で布製作所2個分で使う材料となるので、以降は1:2の割合で作っていくとよさそうです。

地中海貿易に行ってた船団が帰ってきました。
とりあえず行き先変更でロンドンに帰還させます
Patrician4_300.jpg

貿易の成果は布112と香辛料58樽
香辛料はどこの都市でも生産できない交易品でだいたい900~1000で売れるので大変おいしいです。

その後も交易を見ていると、London-Malmoの交易船が地図のかけらを発見していたので拾わせます
Patrician4_303.jpg

地味に購入して進めていたので、2個目の地図も4枚目です。
Patrician4_304.jpgPatrician4_305.jpg

どうやらコペンハーゲンのあたりのようです。

その後、エディンバラからの交易船がかけらを発見し、×の位置もわかりました
Patrician4_310.jpgPatrician4_313.jpg

コペンハーゲンの南ですね
早速、メインの船団に取りに行かせます。

Patrician4_315.jpg

今回も現金財宝でした。32万ちょい。
調度ロンドンへの投資分が回収できた感じで財政がぐっと楽になりました。

そのころ、Lubeckでまた交易路クエストが出ていました
Patrician4_307.jpg

Patrician4_308.jpgPatrician4_311.jpg

Bremen-Mindenの交易路だったようで、これでCologne-Humburgが陸路で結ばれました。
これはかなり陸路が有用になるので、陸路内のどこかに取引拠点を作りたいところです。

で、財宝発見で資金も十分なので5拠点目を作りたいところ。
候補はAalborgかCologneなのですが、さすがにそろそろ肉の不足が著しいので先にAalborgに拠点を構えることとします。

Patrician4_317.jpgPatrician4_318.jpg

5拠点目は権利3個あわせて54万。
財宝発見で80万近く持ってたのでなんとかなりましたが、そろそろ拠点作成も厳しくなってきます。

取り引き事務所の建設を開始したところでランクアップ
Patrician4_319.jpgPatrician4_320.jpg

chairmanに昇格です。
chairmanになるとホームタウン市長への立候補ができるようになります。

また、昇格と同時に新たな海賊が2個でました
Patrician4_322.jpg

これで出現している海賊は4グループになります。
拠点は一箇所しか見つけられていないので、他3箇所も発見していきたいところです

忘れる前にLubeckの市長に立候補しておきます。
Patrician4_326.jpg

市長選は年一回なので結果はまだ半年ほど先ですが現時点の支持率では一位なので待ってればなれそうです。

そんなところで今回はここまで。次回に続きます



※Steamでダウンロード購入もできます
B!

パトリシアン4 プレイ日記8回目? 自動取引

パトリシアン4 プレイ日記8回目です。
一回目はこちら

今回はプレイ日記からはちょっと外れますが、船の自動取引設定方法について書いてみます。
Malmoから各都市に行く場合に久遠が良く使っているパターンです。
1船団1都市で交易させるためその都市その都市の管理がしやすいメリットが有る反面
船が余計に必要になりかつ船団が小さくなるため海賊に狙われやすくなります。

集約管理をする場合より優れたやり方はあるのですが、このやり方が簡単で設定に時間もかからないため書いておきます。

まず、自動取引させたい船で航路自動設定のメニューを開き、New Trade Ruteを選びます
Patrician4_271.jpg

航路選択の画面になるので、拠点となる都市(Malmo)→交易対象都市(今回はBremen)→拠点都市(Malmo)の順で選びます。選び終わったらTradeタブをクリックします
Patrician4_272.jpg

Tradeタブを選ぶと各都市ごとの詳細設定画面になるので、まずBremenを選びます
当初、交易品がすべて、Do not Tradeにあるので、▽を押し下に送ります。
全品目をTrade according specificに入れます
で、Trade according specific内で交易品をドラック&ドロップし、並び替えます。
当初、右下の端に香辛料があるので、それより右に都市の産出品を並べていきます。
産出品には歯車のアイコンがついているのでそれを並べます。
Bremenの場合鉄製品、ビール、羊毛、小麦、麻となります。
優先して仕入れたいものほど左に置いたほうがよいです。
Patrician4_273.jpg

並び替えが終わったらBremenの下にあるMalmoを選択しCopy setting of previous townをクリックします。
これをクリックすると上にある都市とまったく同じ取引内容にすることができるため、これでBremenの並びだけ反映させます
Patrician4_274.jpg


二つ有るMalmoの位置を入れ替えます。
Bremen設定をコピーしたMalmoを上に、デフォルトMalmoを下にします。
取引画面にある①のところを確認します。
?→船団が仕入れを、?←船団が売却を示しています。
①のTrade Modeを押すと入れ替わるため、?→船団の状態にします。

②のところをクリックし、交易品の横にあるアイコンを倉庫アイコンに切り替えます。
城アイコンが都市からの購入、売却を示していて、倉庫アイコンは倉庫からの搬入、搬出を示しています。
倉庫への搬入搬出の場合取引価格の設定が消えるのでそれでも判断できます。
③の数値を変更して倉庫からの搬出量を設定します。
Bremenに運びたい量だけ入力します。
品目は食料品や倉庫でだぶついてる品目、Bremenの生産品を作る際に必要な材料などになります。
Bremenは鉄製品を作るために木材と鉄を使うのでその2品とチーズ干物塩漬け肉を選んでいます
最後に2個あるMalmoの位置を入れ替えます。
最初Bremenの下にあって搬出設定したMalmoをBremenの上に
最初上にあったMalmoをBremenの下にします
Patrician4_275.jpg

最初上にあったMalmoの設定をします。
最初と同様、①②で取引品を一番下の枠に移動させます。
③のTrade Modeで?←船団の形にしたら、④で取引先を倉庫に設定。
⑤のmaxをクリックしてすべての交易品の取引量をMAXに設定します。
これでBremenで仕入れた品とMalmoから持っていって売れ残った品すべてを倉庫にしまいます

Patrician4_276.jpg

Bremenをクリックし、Trademodeで?←船団にします。
②のmaxを押して全交易品の取引量をmaxにします
③の100%を押して全交易品の価格を基準値にした後100%の横にある+を押して価格を売却したい価格に調整します。
木材レンガ小麦麻が59%鉄羊毛が90%になる価格が基準値としてはお勧めです
④のBremenの生産品の取引量のところにカーソルを合わせると取引量の左右に-と+ボタンが出ます。
MAXとなっている状態から+を一回押すと0になるので、産出品の売却量をすべて0にします。
Patrician4_277.jpg

①Trade modeを押して仕入れ画面(?→船団)にします
②をクリックして全体の仕入れ価格を調整します。木材レンガ小麦麻が40、羊毛鉄が60になる価格がお勧めです。
③生産品の購入量の0となっているところにカーソルを合わせると-と+が出るため-を一回押してMAXにします。
これで産出品を指定した価格になるまで買えるだけ買ってくれます
Patrician4_278.jpg

設定画面を閉じた後で、Activateをクリックすれば自動取引を開始してくれます。
Patrician4_279.jpg

あとは船と町の様子を見ながら取引量や取引品目を調整していけばOKです

このゲームはとにかく細かく自動設定を行える半面、操作が複雑なのでとっつきにくいかと思います。
とはいえ自動設定を駆使するとすごく柔軟に物流管理ができるので、やり方を把握して色々試すとこのゲームの面白さが格段に広がるかと思います。



※Steamでダウンロード購入もできます
B!

パトリシアン4 プレイ日記7回目 財宝と君主クエスト

パトリシアン4 プレイ日記 7回目です
一回目はこちら

前回ようやく3都市目の交易拠点を作ったところですが、その間続々と新たな船が完成しました。
Patrician4_231.jpg

※画像はクリックで拡大表示できます

3都市に生産施設や家を作っていくととにかくお金が足りないので、このあたりで財宝の地図をとりに行こうかと思います。
財宝の地図で大事なのは「船倉につめないほどの交易品」を拾った際にもったいなくないように、可能な限り大きな船団で拾いに行くことです。
なのでまず、完成した船を集めてメインの船団に入れてひとつの大きな船団にします。
Patrician4_234.jpg

すべて合流し、船倉5880の船団となりました
Patrician4_244.jpg

というわけで、その船団で地図の場所まで移動です
Patrician4_245.jpgPatrician4_171.jpg

近くに着いたら進行速度を0.1倍速にしてじっくり探します。
地図の財宝は相当近くに寄ったときしか出てこないので10倍速で飛ばすと見失うのです

で、何とか発見
Patrician4_246.jpg

中身は現金27万ほどでした
Patrician4_247.jpg

船倉満タンの交易品だと仮に1品金貨100枚としても58万ほどなので、それに比べたら見劣りしますがかなりおいしいデス。

ところで、このゲーム、ハンザ同盟として都市と貿易するわけですが、これらの都市は現地を治める君主の支配下にあるわけです。
君主は王様か公爵になるわけですが、これを都市があまり無視していると君主の軍に攻め込まれたりします。

君主軍は防衛設備で迎撃するほかなく、失敗すると町のたくわえをすべて奪われます。
また包囲攻撃を受けている間、町の外の生産設備が生産中止となるため畑などの生産設備を持っていると結構打撃となります。

で、そうされないためにどうするかというと、君主からの依頼にこたえて都市の君主からの印象をあげておく必要があるわけです。
君主のクエストはその都市の城門から受けられます

クエストは何種類かありますが、メインはこの2種類です
Patrician4_237.jpgPatrician4_242.jpg

Tributeは君主に少量の交易品を貢物として送るクエスト
現金の謝礼も入るので懐は痛まないかわりに3種類の交易品を集めるのが若干手間となります。
基本はこのクエストで君主の満足度を保つことになります。
もうひとつは君主の要求にこたえて現金を渡すクエスト。
だいたい5~10万程度要求されます。
この段階で10万は大金なのでできるだけTributeで満足度をあげていきたいところです。

ちなみに君主の満足度一覧は一度に見ることができます
Patrician4_239.jpg

当然、町によって所属する国は異なるわけで、献上する君主も変わってきます。
ゲームに登場するのはイングランド王国、フランス地方、メクレンブルグ公国、デンマーク王国、ノースキングダム、スウェーデン、ポメラニア地域、リヴォニア連合の8地域。
Patrician4_254.jpgPatrician4_255.jpg

地域によって呼び方が違うのは支配方法が違ったこの時代を表しているんだと思います。
王国の権力が隅々まで届かない時代ですし、公爵領として力を持っていた地域や別民族によって支配されていた土地などもあるのでこうした表現なんですね。

で、この時点でLubeckはメクレンブルグ公国配下、Malmeはスウェーデン配下、Stockholmはノースキングダム配下となっています。
なのでこの3君主の満足度が50%を切らないように気をつけて進めていきます

その後、各城門チェックを続けていると、Lubeckで上記2種類以外のクエストが発生。
Patrician4_281.jpg

クエスト名は通商路支援でしょうか。
交易品を納入する点はTribute同様ですが、こちらはかなり重要なクエストです。

肉の量が厳しかったですが何とかクリアし・・・
Patrician4_288.jpg

クリア特典として新たな商用路とそこからつながる都市がハンザの交易都市に加えられました。
Patrician4_290.jpg

都市はMinden
BremenとCologneの間の都市で、今回のクエストでCologneとの交易路が開通したわけです。
陸上交易路は交易路のある都市で馬車を作ることで交易を行えます。

ちなみに開放される交易路は君主毎に決まっており、君主一覧のActive land routesで確認できます。
Patrician4_289.jpg

メルレンブルグ領内は特に初期から交易路が多く、中にはLubeckとHumbrugを結ぶ陸路もあるのでLubeckの君主クエストはガンガン進めて交易路を増やしたいところです。

その後、もう一度陸路クエストが出たのでさっくりクリアしたところ・・・
Patrician4_295.jpgPatrician4_296.jpg

Humbrugの文字に小躍りしたのですが・・・
Patrician4_297.jpg

Hamburg-Bremen間の陸路でした・・・
この段階ではほとんどメリットのない陸路・・・

ただ、この後BremenとMindenがつながれば一気に有益な陸路となるので、今後に期待です。

そんなところで今回は終了。
次回に続きます



※Steamでダウンロード購入もできます
B!

パトリシアン4 プレイ日記6回目 3個目の取引拠点

前回、求婚クエストを成功させ、リアル久遠より人間的に先を行ったゲーム内の久遠ですが、そろそろ3個目の取引拠点が欲しい年頃となりました。
パトリシアンプレイ日記の6回目です。
一回目はこちら

取引拠点を作るメリットは大きく3つあって
1.自動取引で毎日購入することでその町で産出する品を余すことなく買い取れる
2.自動取引で毎日売却することでその町を成長させやすくなる
3.生産設備を作りその町の産出品を大量に生産することができる

3個書いて気がつきましたが、結論としてその町の産出品の入手量を増やせるというのがメリットとなります。

そうすると、今、何を一番増やしたいか、を元に拠点を選ぶことになります。
拠点はランクによって作れる上限数があるのですが、その上限数以外に作るたびに必要なコストが増えるという事情もあるためあまり無計画に作るとひどい目にあいます。

まず、要素1としてハンザ加盟都市全体の食料飢饉を防ぐという目的があります。
飢饉が発生すると人口がすさまじい勢いで減る上、飢饉の解消がゲーム的に実に難易度が高いため極力発生させないプレイが必要となります。
飢饉の発生は食料品2種類が6ヶ月間欠乏することなので4種類をごく少量でも定期的に配送することで回避できます。
そのためには食料4種の確保が必要ですが、小麦とチーズはLubeckとMalmoで生産しているため、残りの塩漬け肉と魚の干物の生産地を押さえたいところです。
塩漬け肉であればAalborg 魚の干物であればOsloかStockholmかBergenとなります
各町のInfoを比べてみるとこんな感じ
Patrician4_225.jpgPatrician4_226.jpg
Patrician4_227.jpgPatrician4_228.jpg

※画像はクリックで拡大表示できます

肉は魅力的ですが、現時点で肉はそれなりの量を購入できており、不足はしているものの急を要するほどではないというのがあります。また、Aalborgは肉以外の産出品がLubeckMalmoとかぶっているので現時点では却下です。

そうすると魚肉(魚の干物)3拠点ですが、まずBergenは遠すぎるので却下。
Bergenの魅力は洋服生産ですが、これには十分な量の布が必要になるため布の生産地を押さえてない現時点では無用となります。
とするとOsloとStockholmです
この二都市は産出品はほとんど一緒で異なるのはOsloはレンガ産出があり、Stockholmは麻産出があるというところです。
魚の干物生産には材料として塩と麻を使用するので、材料の一部の麻を産出できるのはかなり強みになります。

ということで、3都市目はStockholmとします。
Lubeckでは鉄製品の生産もできるのですがこの材料に木材と鉄を使うため、鉄産出都市を押さえたいというのもあります
Patrician4_224.jpg

というわけでStockholmでの権利を購入します
Patrician4_212.jpg

必要な金額は108000。Cog2隻分ぐらいです。ほかに住民支持率30%以上というのがありますが、これはここまでの自動取引で十分に満たしているので気にしなくてOKです。

ギルドから権利を買ったら取り引き事務所を建てます。
Patrician4_213.jpg

とにかく取引拠点を増やすときはお金がかかります・・・
同時に倉庫も2個ほど建てておきます。

完成直後、ランクがCouncilman に上がりました
Patrician4_214.jpg
このランクに上がると町のプロジェクトに投票できるようになる他、5都市まで取り引き事務所を建てられるようになります。

取り引き事務所完成後は自動取引していた船団を物資輸送に変更して、取り引き事務所での自動取引を設定します。
これで船が着いたタイミングでしかできなかった自動取引が毎日できるようになるわけです。
元々Malmoと各都市を1-1でむすんでいるので設定変更は楽チンです。
購入先&売却先を町から倉庫に変えるだけです。
Patrician4_229.jpg

このゲーム、他の商人が大量に同じものを売る場合があるため、自動取引の設定しだいではそういうものを安く仕入れることもできて結構重要です。
もちろん、他の商人に買われる前に生産したばかりの商品を押さえられるというのも大きいです。

生産施設を作らない場合でも取り引き事務所を建てれば購入量は増えるので欲しいものが足りないその生産地に取り引き事務所を建てるのが第一です。

まず、必要な物資をMalmoからStockholmに運搬中・・・ちょっとした落し物を見つけました
Patrician4_232.jpg
引き返して拾ったところ、交易品140個ほどゲットです
Patrician4_233.jpg
金額に換算すると1~3万程度ですが、拠点を増やした後はとにかくなにかと物入りなので助かります

Stockholmに搬入した後は生産設備建設の許可をもらうんですが・・・・
Patrician4_235.jpgPatrician4_236.jpg

魚の干物を生産するには2番目と3番目の許可が両方要るので合計12万・・・高いです・・・

麻は現状で余ってるぐらいなので、一気に3個目をもらって干物工場を作ることとします
また、鉄の生産設備を作って欲しいというクエストがあったのでこれも平行して受けて作ります

出来上がったのがこちら
Patrician4_250.jpgPatrician4_249.jpg

必要期間が短い分、先にできた鉄生産施設に人が多く入っていますが、どちらもすぐ50/50になるでしょう。
しばらくMalmoで物資のバランスを見ながら次の手を考えていきます。



※Steamでダウンロード購入もできます
B!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。